忍者ブログ
ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183]
 今回も「ヱヴァンゲリヲン破」の話をします。

 この映画の見所は山ほどあります。戦闘シーンの迫力だけで「ロボットアニメの限界点を超えた!」「劇場の大スクリーンで見なければ損だ!」って思います。

 でも、私が一番感動したのは、この映画が「自己責任論の先にあるもの」を描いてくれた点です。
 旧エヴァが作られた1990年代は「トラウマ主義の時代」だったと思います。
 ダメな奴がダメなのは「愛されなかった」「裏切られた」など、過去の心の傷が原因で、その傷を癒さない限り人間は変われない、救われないという思想が蔓延していたと思います。旧エヴァはその思想の代表格でした。
 現在、このトラウマ主義は影を潜め、「トラウマがあろうがなんだろうが、人間は自分を変える事ができる」「変えるべきだ」という思想のほうが一般的だと思います。心の傷があって不利ならば、より努力すればいいだけだ、という。
 人間の自由意志と自助努力を強く信頼しているんです。
 しかし、それは悪く言えば、「変われない人間」は本人に全責任があるという考えに繋がります。
 「トラウマに縛られている人間」など存在しない、「トラウマを理由にして怠けている人間」なのだ、という「行き過ぎた自己責任論」です。
 自己責任以外の思想を認めない、わずかでも他者のせいにしたらクズ呼ばわり、という人間がウジャウジャいるじゃありませんか。
 ネットを見てください。「就職できない」とか「病気で働けない」とか「借金が返せない」などという人間を、集団で「お前の弱さが原因だ」「お前が怠けているだけだ」と罵倒する光景が、そこら中にあるじゃないですか。自分が被害を受けているわけでもないのに、ダメのレッテルを貼って潰さずにはいられないんです。どうかしている。派遣村に関して、どれほどの罵倒が吹き荒れたことか。
 この、「人間は自力で変われるという信頼と、それゆえの厳しい自己責任」が、宇野常寛の言う「決断主義」「サバイブ感」なんだろうと思いますよ。
 ギスギスして、とても嫌な空気です。

 でも、「ヱヴァンゲリヲン破」は自己責任論プラスアルファを描いてくれました。
 シンジは変わったけど、彼自身の力だけで変わったわけではない。
 ゲンドウを含む周囲の人間が、みんな少しずつシンジに歩み寄ったからこそ、彼の内側から大いなる力が溢れだしたのです。
 最終的には本人の決断なんだけど、でも他人の影響がすごく大きい。
 トラウマ主義と違うのが「誰か一人が深く愛してくれたから、トラウマが解消されて別人に生まれ変わった」という描写ではない点です。
 シンジを変えたのは「みんな」、そして最後に「彼自身」です。
 逆にいえば、今回の映画でもゲンドウが「お前には失望した」しか言わず、綾波やアスカとの間の絆も壊れていたならば……
 シンジは膝を抱えて泣きながら言い訳、という行動しか取れなかったでしょう。
 
 だから「ダメな奴」は、「人間関係に恵まれていないだけ」という可能性がある。
 絆があればダメな奴も、力を出せるのかもしれない。
 「いきなり自己責任」ではなくて、一度くらいは手をさしのべよう、ということになります。
 
 「ヱヴァンゲリヲン破」の「絆主義」「関係性こそが人を救い、人を変えられる」という思想は、いまの時代を生き抜く一つの答えになると思います。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6 7
8 9 11 12 14
17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/20 NONAME]
[10/19 ますだ]
[10/19 WilliamWeill]
[10/16 わあ。]
[10/16 ますだ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析