ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

 あと余談だけど、「りゅうおうのおしごと!」OPでは、夜叉神天衣がメガネをかけているように見えませんか。
 同意してもらえないんだけど、私には見えるんですよ。

 これが画像! 

 
 
 ほら、見えるでしょう、メガネが。
 ……見えるって言ってよ……
 髪が顔の中央を斜めに横切っているから、それがメガネのブリッジに見えるんだろうね。
 ブリッジが見えた瞬間、私の潜在意識がメガネの幻影を創りだしてしまうんだろうね。

 この作品には魅力的な眼鏡っ子が何人も出てきます。
(メガネ男子も)
 控えめな綾乃ちゃんも良いし、からかい上手の鵠さんもよい。
 アニメではあまり描写されなかったが、男鹿さんも面白い人である。
 でも、夜叉神天衣みたいな子が眼鏡かけると、一番クるんだよ!!!
 八一はメガネってもんが分かってねえよ!
 銀子にかけさせてる場合じゃねえんだよ!!


 アニメ「りゅうおうのおしごと!」について。
 私は原作ファンなので、「原作と比べて、ずいぶんダイジェストにされている」という点が気になる。
 そのくせ、八一が幼女に踏まれて喜ぶようなシーンだけは残しているので、「将棋7 ロリコン3」のバランスが「ロリコン7 将棋3」になっちゃってる気がするぞ……

 で、「原作と違うじゃないか」という不満以外に、もう一つ不満がある。
 原作にたいしても抱いていた不満。
 アニメ化されて、ますます強くなった。

 「夜叉神天衣を、もっと出せ!!」

 なんであんなに冷遇されているんだ!!
 原作でも出番少ないんですよ……
 将棋の対局では強くて、あいよりも結果出してるけど、ストーリー的には蚊帳の外で……
 アニメだけ見た人が言ってました。
 
「夜叉神天衣というのは、重要なライバルキャラになると思っていたのに、そうじゃないんだな」

 ですよね!!! 納得いかんですよね!!
 あいが切磋琢磨しあえるライバルを作りたかった、という八一の考えはどこに行っちゃったのか。
 「もっと勉強すればよかった、わたしはわたしに負けたんだ」というあいの涙はどこに行っちゃったのか。
 あれっきり、互いに高め合うライバル意識、出てこないんですよ。

 原作5巻まで(アニメ化された部分)だと、ヒロイン序列はあい、桂香さん、ずっと差が開いて銀子。
 原作6巻以降で銀子の恋心がクローズアップされ、序列1位に銀子が昇格。2番はあい。桂香さんが脱落して、かわりに供御飯 万智さんが3位にランクインしてきた。

 どっちにしても天衣は序列に入ってない。

 たまに出てくると、すごく魅力的だけに……
 あいと天衣は、敬意と友情があるけど、絶対負けたくないライバル、という話をやってほしいなあ……
 そしてバチバチ戦ってほしいなあ……
 どうしてそういう話を描いてくれないのかあ……

 天衣は大人びているから。
 厨二病的なことをたまに言うのも、ゴッドコルドレンとは意味が違う。「早熟だから、実年齢よりも早く中学生になった」ってことだと思っている。
 たぶん中学生になったら厨二病を卒業する。

 八一「おまえ、最近あれ言わないのな。『来なさい、踊ってあげる』」
 天衣「……!!(顔真っ赤)」

 たぶんこうなる。

 10歳のわりにすごく人格がしっかりしていて、一人で強くなれる、一人で悩んで一人で立ち直れる、八一のこともちゃんと好きだけど、あいのようにベタベタしない、距離をおいて敬愛する。
 それが一番の魅力であるので、天衣のほうからあいに距離を詰めて絡んでくるのは、無理がある。
 あいの方に「ここままじゃわたし、天ちゃんに負けちゃう!」って危機感持って貰わないとダメか。
 でも、あいは「ししょうの大切な人になれた」ことで幸せだから、将棋の実力で天衣に負けても、あんまり危機感持たないよなあ……
 八一が「おまえ最近弱いから破門な。弟子は天衣だけでいいや」なんて言えば死に物狂いで努力するけど、そんなこと八一が言うわけないんだよね。
 師匠を支えた、という点では、もう圧倒的絶対的な絆があるから。

 どうすれば良いんだろうねえ……

 コメント欄で、「聲の形」について反論がありますが、必ず返信しますので、少し待ってください。

 スマートフォンのアプリ相手に、将棋を指している。
 もう、レベル1には負けない。
 ようするに囲いを作って守れば勝てる。
 敵の攻撃をはね返しているうちに、敵の駒がどんどん減っていく。
 敵の玉が裸になった頃に、私が攻撃に転じて、玉をはさみ、とどめに金を打って、勝ち。
 勝てるようになった時は嬉しかった。

 ところがレベル2だと通用しないのだ。
 囲いで守ることはできるんだけど、逃げまわる敵玉を詰ませることができない……
 しまいには、こっちの陣のいちばん手前まで来ちゃった。
 入玉された! これ、もう駄目なんじゃねえの?
 もう260手も指してるけど、さっぱり終わらないぞ……
 もう疲れた……おれの負けでいいです……

 攻撃の定跡を覚えないとダメなのだ。
 ネットで見た棒銀の定跡を試して見たら、なんとか勝てた。
 でも、10局さして2局勝てる程度で、まだぜんぜん身についてない。
 え、そっちに来ちゃうの? 対応できない! みたいな。
 
 人間と対局できるレベルには、まだ遠い。


カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 4 5 6
8 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/23 tamidl2]
[04/23 van cleef arpels copie alhambra bracelet]
[04/23 réplique bracelet alhambra occasion]
[04/23 ますだ]
[04/21 家来]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析