忍者ブログ
ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

 小説「世界さいごの涙」をカクヨムで公開しました。 

 核戦争後の世界で、たったひとり生き残った女の子がロボットと恋愛する話です。
 これは新作ではなくて22年前に書いたものなんですよ。
 あのころはこんなの、こっ恥ずかしいのを書けたんだなあ。

 当時、ある人に「3回も泣きました」って言ってもらえました。
 俺の小説には人を感動させるチカラがあるんだ、決して無価値じゃないんだ。
 などと、大いに励まされたことを覚えています。

PR

 私が昔書いた小説「追撃1000兆年」。

 カクヨムにアップしたけど、なかなか星がつかなくて「ダメかあ」と思っていたが、最近になって多少評価され、「SF週間ランキング」20位に。
 ありがとうございます。
 しかし……
 たった3、4人が星をつけてくれただけで20位か。
 カクヨムには10万人の人間がいて、作品も数千作品あるはずなのに……
 狭い世界というか、SFはまだまだ読者少ないのかなあ。
小説サイト「カクヨム」に、「幸福指数315」「旅立ちの空間流」をアップロードしました。

 幸福指数315は昔書いたやつ、旅立ちの空間流は今書いたやつです。
 幸福指数315はストレート過ぎるディストピア物で、「もっとひねらないと」と思っていたけど、SFマガジンではやはり入選できませんでした。
 でも「これならいける!」と思った「君は時間の牢獄より」とかもダメだったしなあ……

 サクラクエストの感想。
 4話といい、今回の6話といい、人間関係ギスギスさせたところで終わったなあ。
 ようするに、挫折して逃げてきた人間が、ふたたび問題に向き合って再起する、という話なのか。個人の再生と田舎の再生を重ね合わせる感じか。
 辛気臭いというか説教臭いテーマだな。
 でもところどころ面白いから、まだ見る。
 SHIROBAKOのときみたいに、もっとガツンと来るエピソードやシーンがほしい。
 SHIROBAKOは2話の「あるぴんはいます!」で心をつかまれた。
 アレに匹敵するエピソードは、サクラクエストの場合まだ来てない。

 エロマンガ先生。
 原作と全く印象が違う。
 「タイトルがエロ漫画なのに全くエロくないwww釣られたwwwうはwww」って思いながら読んでいたのに、アニメはかなりイヤラシイじゃん。セリフや仕草が。
 お茶の間を凍りつかせるに十分だろ。もっとやれ。まあこんなタイトルのアニメをお茶の間で見るとは思えんが。

 原作では、パンツ見せるとかのシーンは「エロ」じゃなくて「ギャグ」としか受け取れなかった。
 エルフ先生の自由闊達な生き方が眩しいなあ、他のヒロインも、フラレてるのにめげなくてガッツあるなあ、という感じで読んでいた。
 ようするにメインヒロインである紗霧を可愛いと思ってなかったので、「エルフ先生のほうが絶対いい娘なのに、なんで狭霧が好きなんだろう、どうも主人公の考えることが分からん」という感じ。
 でもアニメ見て、ふだんのかよわさとお面かぶってる時の二重人格を見て、「これは庇護欲そそられるかもしれんなー」と思った。声優の熱演って大切だな―。
 少なくとも、「俺妹」で主人公が妹に惚れた理由よりはわかる。俺妹は本当にわかんない。

 「紗霧は義理の妹だから手を出してOK、引きこもりだから主人公に依存している。それでいて食い扶持は自分で稼いでくれる、男にとって究極的に都合がいいヒロインだ」
 などという、酷い書き込みをネットで見ました。
 そういえばそうですね。
 でも12歳はOKじゃないと思いますよ。性交同意年齢の問題がありますからね。
(一番ひどいのは俺)
 

 貧乏だったこの2週間の間も、本は普段通り買っていた。
 佐藤大輔の帝国宇宙軍1を買わなければ牛丼くらいは食えたのだ…… 
 でも、1食抜く価値はあったよ。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5 6
8 9 10 12
15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 ますだ]
[05/12 家来]
[05/08 jessiecm1]
[05/04 ますだ]
[04/30 家来]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析