ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

ペシャワール会のリーダーとして、長年アフガニスタンで支援活動を行ってきた医師、中村哲氏が、殺害された。
 冥福を祈ります。
 
 私は、一時期、ペシャワール会の活動に共感し、会員をやっていた。
 お金を数千円寄付して、あとは中村哲氏の本を買って読む、講演を聞く。その程度のささやかな活動だ。
 2003年のイラク戦争のころ、反戦デモに熱中していた時期があったので、ペシャワール会にも参加した。
 いまは会員ではない。
 いつ、どんなきっかけでやめたのかは、覚えていない。
 いつのまにやら熱がさめて、惰性も消えて、というのが正直なところだ。
 2008年にもペシャワール会メンバーが殺害された。あの時はまだ私は会員だったので、「彼の死を無駄にはすまい、活動をもっと盛り上げるんだ」と金を送った。

 どうして、あの熱情がきえてしまったのだろう。
 
 それを思い出すことすらできない。
 不良会員も良いところだ。
 とても、仲間であったとは言えない。
 でも、それでも。
 惜しい人をなくした。胸が痛む。
 なにかをやらなければもうしわけない、という気持ちがわき起こってくる。

アニメ「コップクラフト」最後まで見た。

 面白い。
 魔法世界の騎士が刑事とコンビを組み、様々な事件を解決するアニメ。
 よくあるバディムービーなんだけど、でも、「私が見たかったのはこれなんだな」という感じ。
 魔法が強すぎも弱すぎもしない、近代兵器と拮抗している、というのが見たかったんです。
 地球人が魔法世界に行って無敵を誇る、という話に飽きて……
 もうちょっと頑張れよ魔法。
 だから、軍隊が魔法に負けることもある緊張感が好き。
 
 ケイ・マトバはカッチョイイ兄貴だし、ティラナも良い子。
 ふたりが、あくまで恋愛に陥らず、仕事の相棒として信頼を深めあっていくさまが格好いい。

 ケイ兄貴は「俺はオタクじゃない」って言いますけど、ティラナのスク水は誰が用意したんですか(笑)
 「てらな」って胸に書いてあるスクール水着、そんなのオタク以外の何物でも……(笑)
 とにかくケイ・マトバの格好良さは新鮮。
 スレた大人の男だけど心の底に信念を持っているダンディーで。
 
 特に6話、7話のような一話完結エピソードが良かった。
 6話は喜劇、7話は悲劇で、対照的なのも良い。
 
 現実世界の移民問題とリンクさせたストーリーも興味深い。
 タカ派政治家ではなくリベラル政治家こそ、あくどい存在であった、という真相。
 「すでに門は開いてしまった、過去に戻すことはできない、その中で最善を尽くすしかない」というヒロインの言葉。
 このへんは皮肉が効いているというか……
 いろいろ考えさせられる作品でした。

 でもね! 
 でもね!
 
 面白い作品であるだけに、作画のひどさが目立つ。

 とても今どきのアニメとは思えない。

 やたら止め絵にしたり、顔だけアップにしたり、ほかの車が走ってないとか、作画労力を減らしている。
 減らしているのに、それでも絵がグチャグチャ。
 とにかく、キャラが動いたら崩れる。
 チャンバラをきっちり描写できないなら、光の線と、「キンキンキン!」という音だけにしたらどうか?
 そのくらいひどい。
 
 話は面白かったので、原作の小説を買ってきました。

 ネットの一部で「彼方のアストラはSFとして突っ込みどころがありすぎる。SFとして認めない」という意見がある。
 それに対して「そういう偏狭なことを言うからSFは衰退したのだ」という意見がある。

 えっ!?
 私、前者より後者の意見に驚いたよ。
 SFが衰退したって??
 いまの日本は、ヴァーチャルリアリティーとかタイムスリップの話が満ち溢れてるじゃないか?
 SFが大流行しているようにしか見えない。
 SFが大流行して、SFが当たり前になってしまったからこそ、「あれはSFじゃない。僕の好きなマイナー作品こそがSFだ」って言うんだよ。
 そうしないと、「SFを読んでる自分」が「特別な存在」ではなくなってしまう。
 「お前たち普通の人間に、僕の崇高な趣味がわかってたまるものか」という考えだよ。

 衰退しているのは、SFじゃなくて、「スペースオペラ」、宇宙冒険ものだな。
 ……それがまさに、「彼方のアストラ」なのか……
 宇宙で戦争する話ならあるけど、冒険する話は絶滅寸前だ。
 絶滅寸前のジャンルに挑んで成功させた作者は本当に偉大だ。

 私も「彼方のアストラ」は大好きだ。終盤は泣ける。
 
 SFとして突っ込みどころがあるか、ないか、と言われれば、あるね。
 私が一番気になったのは、「なんで隕石を破壊しなかったのか?」
 ワームホールを自由に操れるなら、簡単でしょう。
 ロケット取り付けて軌道を変えてもいい。
 重力制御装置があるんなら、それを使って軌道を変えててもいい。
 何年も前から衝突がわかっていたなら、軌道を少し変えるだけで、十分に衝突は回避できる。
 移住の必要なんてないんですよ。

 隕石じゃなくて、ブラックホールが地球にぶつかる、という設定のほうが良かったのでは?
 ブラックホールは、もちろんロケットを取り付けることなどできないし、破壊できない。
 なんとかブラックホールを破壊できないか? あるいは軌道を変えることはできないか?
 それを研究しているうちに、ワームホールを作り出す技術が生まれた。
 破壊はできないが、移住ならできるようになった。
 これでSF的に整合するのでは?
 ブラックホールとワームホールは厳密にいえば違うものだけど。
 
 他にもいろいろ突っ込みどころはたくさんあるのです。
 あるのですが、でも、それが致命傷にならないくらい面白い。
 傑作の証です。

 13日間連続勤務でヘロヘロになって、何も書けず、ネットを見る気にもなりませんでした。
 っていうか、本当に疲れてる時ってアニメみても楽しくないや……
 最初はあんなに面白かった、アルスラーン戦記やシンフォギアGX、がっこうぐらし! でワクワクできない。作品のせいじゃない、俺が冷めてるんだ。

 たまに休みが取れても、会社から「今から仕事に出て」って読み出されるので、気が休まらない。
 だから「少しでも暇があったら布団に入って目をつぶる」習慣ができた。
 
 だから何も書けない。何も読めない。
 昨日やっと休みが取れたけど、バイクのオイル交換、タイヤ交換だけで終わった。
 ああ、壊れた眼鏡を直したいのに。
 レンズをセロテープで止めてるからみっともなくて嫌なのに。
 洗車したいのに。
 でも体が動かなくて、起き上がれるようになった時はもう夕方で、時間がなかった。
 いくら寝ても、体の節々が重くて、頭の中は砂が詰まったようだ。

 「いつか仕事が楽になる、体が楽になる」「その時まで頑張ろう」
 と思っていた。

 でも今日、直感的にわかった。
 きっと楽になる日は来ない。
 加齢につれてもっと悪くなる。
 動かない体、昨日のことも思い出せない頭、何をやっても集中できない精神で、生きていくしかない。

 インフルエンザは治った。はずだ。
 でも頭の後ろとか横とかに謎の痛み。
 「いわゆる頭痛」とは違う。
 頭を殴られてコブが出来たような、外側の痛み。
 触ってみると、じっさいとコブがあるように感じる。
 なんだろコレ。
 頭を冷やし過ぎた?
 凍らせたペットボトルを枕にしていたから角が当たった?
 
 わからない。
 普段は大した痛みではないが、バイクのヘルメットをかぶると刺激されて割と苦痛。


カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[02/25 エフヤマダ]
[02/23 ますだじゅん]
[02/20 エフヤマダ]
[02/16 ますだじゅん]
[02/15 こうひんひろみ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析