ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
 今週の「バクマン。」
 もう、コレ何の漫画? 状態。
 主人公達二人の新作は大好評で、漫画家としては大変うまくいっている。
 でも漫画を面白くするために蒼樹さんと意見交換したら、誤解が誤解を呼んで恋人達との亀裂が……
 実は誤解とも言い切れず、蒼樹さんはシュージンを好きになり始めており……
 さらに、増長したテカテカデブこと中井が蒼樹さんに魔手を……
 俺、なんでこんな女性向けみたいな話を嬉々として読んでいるんだろう?

 これ「漫画家漫画」じゃなかったのか?
 漫画の技術でもなく、業界四方山話でもなく、精神論(G戦場ヘヴンズドアみたいな)でもなく、恋愛ふくむ人間関係の話になっている……

 でも面白い……
 
 で、今回も蒼樹さんはすげえ可愛い。
 知人の恋愛体験をそのまま(本人の了承もなく)漫画に描いちゃうって、この人かなり痛い人なのと違うか、という気もするんだけど、そういう「なんかズレてる」ところも可愛い。あと恥ずかしがっている表情、当惑している表情とか、もうたまらない。何度でも言う。蒼樹さんの可愛さは異常!
 あとは胸さえ縮めば。(そればっかり)
 で、中井ですよ中井。
 蒼樹さんを泣かせた罪は重い! ビンタ一発じゃ足りない!
 いや、実はお前の気持ち分かるんだよ。わかっちゃいけないけど、アイタタすぎて正視できないけど、わかるんだよ。
 趣味とかで女の人にめぐり合って、ちょっと優しくされて話が弾んだだけで、なんか浮かれて好きになっちゃって、「きっとこの人もボクに気があるんだブウ」とか、そういう勘違いすることは確かにある。数年後に突然思い出して布団の中でのた打ち回ったりする。 
 でも、中井、いくらなんでもお前、その言動はねえだろ!
 もう、漫画とかどうでもいいんだねお前は。
 女をゲットする手段でしかないわけだ。
 しかも、いまイチャイチャしてる眼鏡っ子すらも、中井にとっては「大切な存在」ではなく、「秤に載せる分銅」なんだ。
 言いなりにできるほうと付き合おうと。
 グアアア!
 なんか自分の醜い部分を見せつけられたような気がして、キッツイです。
 
 あの、不細工で不器用で泣き言ばかりだけど一生懸命だった中井は、もう死んで、消えてしまったのだ。
 なんだろう、このドヨドヨした気持ち。
 怒りと喪失感と徒労感が押し寄せて……
 浦賀和宏の暗黒青春ミステリを最後まで読んだような気持ちw
 菅直人風に書いてみました。もう民主党は与党だから、ネタにして遊んでる場合ではないんですけどね。

 今週の「SPA!」に興味深い記事が載っていました。
 圏央道についてです。
 前からSPA! は、圏央道の高尾山トンネル建設に反対してきたんです。貴重な生態系が破壊されると。
 今回、さらに一歩進めて、ここまで言い切っています。
「圏央道は建設の意義自体がない。国土交通省は莫大な経済効果があると言うが、嘘っぱちだ」と。もちろん具体的な根拠を添えて。
 なるほど……
 私も、「本当に渋滞解消効果があるのか?」とは思っていました。
 あと、「高速道路で渋滞解消」を「経済効果」で表してしまうのも疑問があります。
 だって1時間早く着いたからといって、その1時間分必ず仕事をするわけじゃないし。寝るかもしれない。たとえば私の場合、高速道路を使うのは寝坊して遅刻しそうになった場合だけなので、「高速道路利用で生み出された時間」は「睡眠」に使われています。

 この圏央道不要論は、民主党の政策を根底からひっくり返すすごい論だと思うんですよね。
 高速道路なんて無料化してる場合じゃないんですよ。
 そんなもん恩恵を受けるのはごく一部の人だけなんです。
 本当に貧困な人にとっては高速道路なんて別の世界の話だし。
 税金を使うなら、むしろ鉄道を支援して安くするべきではないか。
 私の会社なんて電車賃が支給されないから、みんな年に30万円くらいの電車賃を自腹で払っているんですよ。まさに蟹ビーム(蟹工船のこと)ですよ。1日の電車賃が2500円に達する場合もあります。地獄さ行くんだでぇ! です。
 で、そんな貧乏だと車を持つのも辛い。新しくどんどん鉄道を引いて、車を持てない人たちでも移動できるようにするべきじゃないか。圏央道よりそっちのほうが安くて、経済効果もあるんじゃないか。

 こうやって考えていくと、自動車に依存した今の社会自体がどうかしてるのと違うか、という気もしてきます。
 1年間に5000人もの人間を死なせる機械が、「当たり前」であり、そんな機械が満ち溢れていなければ一日たりとも存続できない社会?

 夏見正隆の「リヴァイアサン戦記」に、こういう政策が出てきました。
「(僻地を除いて)自家用車の自動車税を10倍にする。
 駐車違反の罰金も10倍だ。
 よっぽどの金持ち以外は自家用車を保有できないようにする。
 そのかわりバスなどの公共交通機関を無料にして、極限まで充実させる」
 その結果、都内の渋滞はゼロになって、みんなバスや電車でスイスイ移動できるようになりました、と。
 小説の設定だから、そのまま実現できるとはいいません。
 でも、そういう方向に向けて舵を切るのもアリなんじゃないかな、と。
 この一ヶ月ほど、ゲーセンの「クイズマジックアカデミー」の「ミリタリー検定」にハマっていました。昔から好きだったんですよマジックアカデミー。 
 これが私のキャラです。(写真はマジックアカデミー5で、いまやっているのは6)

 
 
 やっぱりこんな感じの子が一番可愛いと思います。これが、めがねっこの基本ですよ。ああ、ふるさとにかえってきた、という安堵感に包まれます。田村ゆかりの声もすごくいいです。
 
 某「はいはいキモオタキモオタ」

 でも胸はもっと小さいほうがいいと思います。

 某「いま、ネタとして語れる限界を超えました」

 フヒヒ、サーセン。

 で、「ミリタリー検定! これは俺のための検定だな! 全国1位をとってやる!!」と、全精力をつぎ込んだつもりだったのです。

 問「爆弾三勇士を一人答えなさい」
 
 ますだ「きたがわすすむ!」

 問「『最強の零戦パイロット』といえば?」

 ますだ「いわもとてつぞう!」

 問「陸軍三長官をすべて経験したことのある軍人を一人答えなさい」

 ますだ「すぎやまはじめ!」

 問「ドイツ軍のHe162シュパッツのシュパッツは何の意味?」

 ますだ「スズメ!」
 
 問「イタリア軍の、6輪タイヤで駆動される戦車は?」

 ますだ「チェンタウロ!」

 こんな感じでサルみたいに繰り返していました。
 しかし……結果は88位でした。どうしても「これ以上の点数は取れない」という壁があって。
 自衛隊の問題が覚えられない。駐屯地の場所とか車両の愛称とか、あと、艦の写真を見て艦名をあてるとか。
 タイピングスピードも遅すぎる。
 
 ミリタリー検定の参加者は2万人で、そのうち88位は大したものじゃないか、という意見もあるでしょうが、大したことありません。
 このゲーム、本当にやりこんでいるのは少数なんですよ。
 私のいきつけのゲーセンでランキングを見ると、このゲーセンでやってるプレイヤーは400人くらいいるようですが、一ヶ月に1000以上の魔法石を稼いでいる人間は20人しかいません。魔法石1000というのは10~30回プレイすれば稼げます。つまり400人の大半は、「1日に1回もやらない」「たまに来るだけ」なんです。
 だからミリタリー検定参加者の2万人だって、熱心なのは何百人にすぎないでしょう。だから88位なんて、まだまだなんです。ヒトケタくらい行かないと、本当の上位じゃないんです。
 本当の上位陣はどんななんだろう。この目でプレイを見てみたい。

 自分の軍事知識が偏っていることもわかりました。
 旧ドイツ軍、ソ連軍の知識とくらべて、自衛隊のことを知らな過ぎる。
 イランやブラジルの戦車を知っていて、自衛隊の艦がぜんぜんわからないのは、わりと異常。
 けっきょく、持っていた服をできるかぎり清潔にして、友達と会いました。
 ラーメンを食べて、コメダ珈琲店でお茶を飲みました。
 探査機はやぶさからガンダムまで、幅広い(あまり広くない気もする)話題で盛り上がりました。
 お台場のガンダムに興味がありつつ、結局いけなかったという話なので、会場で売っていたパンフレットを渡してみたり。
 どうなんだろうね、ガンダムって。どのくらい受容されているのかな。
 お台場の会場を見る限り、子供から40代までいろいろいたけど……

 某「執事喫茶いったんですよ!」
 ますだ「ああ、スワロウテイルですか」
 某「なんで名前がパッと出てくるんですかw」
 ますだ「ぼくがキモオタだからです」
 某「そしたら周りの人に『ホストクラブみたいなものでしょ?』とか言われちゃったんですよ」
 ますだ「それは違いますよね。メイド喫茶もそうだけど、メイドさんと恋愛したいわけじゃなくて雰囲気を楽しみたいんだ。でも、なかなか分かってもらえない。キャバクラみたいなものだと思われる。『メイド喫茶ってどこまでOKなんだ?』とか訊かれた事もある。あなた確実にエロい勘違いしてませんかw」
 某「執事喫茶だと、あっという間に予約が埋まってしまう人気店なんだけど、みなさん本を読んだり編み物したり、まったりと時間を過ごしているんですよ」
 ますだ「メイドの喫茶にいる男も大して変わんない行動ですよ。がつがつしてない。でも……ハマったら女性のほうが大金を使う印象があります」

 某「民主党の事業仕分けを見て思ったんですけど、ほんとうに一つの事業に9つも団体がくっついているとか、話には聞いていたけど、ほんとうにそんな風になっているんだなって……」
 ますだ「いや、民主党はちょっと待って欲しい。スーパーコンピュータとか宇宙開発とかは、一時的には無駄に見えるかもしれない。でも人類の未来のために必要なものなんです。しかもアレですよ、何億キロも離れた小惑星まで探査機を送り込んで地球まで帰還させて、必要な金は200億円程度ですよ。イーグルが2機くらいですよ。たったそれだけでアメリカと互角に戦えるんだ。こんな効率のいいものはない。それに太陽系の広い範囲を探査しようと思ったら、どうしてもイオンエンジンの技術が必要です。全人類のためになるんだ。静岡空港みたいな全くの無駄な公共事業とは次元が違う。とにかく、民主党は削減対象を考え直すべきで……」
 (中略)
 ますだ「あと日本人はみんな忘れてるんですよ。日本人で初めて宇宙に行ったのは毛利衛じゃない。秋山さんという人なんです。ソ連の宇宙船で行ったんです。それなのにNHKは毛利が日本人初とか言っちゃって。みんなソ連の偉大な技術力にもっと敬意を表するべきなんですよ! スペースシャトルのブランだって、あれはアメリカのシャトルより設計が優れてるんですよ。エンジンがほとんどついてないグライダーなんです、ブランは。だからアメリカのシャトルよりも爆発の危険性が低い。それなのにブランは一度も人間を乗せることなく、レストランになって、いまは公園の置物です」
 某「電車とか機関車みたいな感じですか」
 ますだ「そうなんですよ。古い路面電車を再利用してラーメン屋にする、みたいな感じで……まったく、悔しい話です。アメリカ以外にも選択肢があるのだと、そういう世界も有り得たのだと……」
 
 ますだ「そんなわけで親に電話したら『他人の心配してる暇があったらダイエットしろ』って怒られちゃったんですよ」
 某「ダイエットは、したほうがいいかも!」
 ますだ「確かに、したいとは思ってるんですが。あ、ウインナーコーヒーをお願いします
 某「まったく痩せる気が感じられないw」
 ますだ「生クリームが食べられなかったら何のために生きているのか分からない(キリッ)」

 こんな感じです。
 ……なんか一人で喋ってるな。実はうざかったかな……?

 追記
 今検索して知ったんですが、公園に展示されているブランは実物大模型であって、宇宙に行ったブランとは違うものだそうです。嘘書いてごめんなさい。
 ソ連の宇宙開発については「ソビエト宇宙征服」というサイトがすごく面白いです。ルナ9号かわいいですよね。
 明日は二年ぶりに、とある友人と会う。
 楽しみだ。
 しかし着ていく服がない……
 薄汚れたジャケットとガソリン臭のするズボンしかない……
 あと靴もない……
 私は安全靴とライダーブーツしか持っていないのだ。
 うーん、うーん、どうしたものか……
 しかも私はこの2年間でものすごく太ってしまったのだ。
 昔でも充分にデブでしたが、いまや「改造前の岡田斗司夫」レベルです。
 モビルスーツ的に言うと、昔はドムみたいな感じでしたが、今はゾック。
 うーん、うーん……


カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析