忍者ブログ
ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234]
 今週の「バクマン。」
 もう、コレ何の漫画? 状態。
 主人公達二人の新作は大好評で、漫画家としては大変うまくいっている。
 でも漫画を面白くするために蒼樹さんと意見交換したら、誤解が誤解を呼んで恋人達との亀裂が……
 実は誤解とも言い切れず、蒼樹さんはシュージンを好きになり始めており……
 さらに、増長したテカテカデブこと中井が蒼樹さんに魔手を……
 俺、なんでこんな女性向けみたいな話を嬉々として読んでいるんだろう?

 これ「漫画家漫画」じゃなかったのか?
 漫画の技術でもなく、業界四方山話でもなく、精神論(G戦場ヘヴンズドアみたいな)でもなく、恋愛ふくむ人間関係の話になっている……

 でも面白い……
 
 で、今回も蒼樹さんはすげえ可愛い。
 知人の恋愛体験をそのまま(本人の了承もなく)漫画に描いちゃうって、この人かなり痛い人なのと違うか、という気もするんだけど、そういう「なんかズレてる」ところも可愛い。あと恥ずかしがっている表情、当惑している表情とか、もうたまらない。何度でも言う。蒼樹さんの可愛さは異常!
 あとは胸さえ縮めば。(そればっかり)
 で、中井ですよ中井。
 蒼樹さんを泣かせた罪は重い! ビンタ一発じゃ足りない!
 いや、実はお前の気持ち分かるんだよ。わかっちゃいけないけど、アイタタすぎて正視できないけど、わかるんだよ。
 趣味とかで女の人にめぐり合って、ちょっと優しくされて話が弾んだだけで、なんか浮かれて好きになっちゃって、「きっとこの人もボクに気があるんだブウ」とか、そういう勘違いすることは確かにある。数年後に突然思い出して布団の中でのた打ち回ったりする。 
 でも、中井、いくらなんでもお前、その言動はねえだろ!
 もう、漫画とかどうでもいいんだねお前は。
 女をゲットする手段でしかないわけだ。
 しかも、いまイチャイチャしてる眼鏡っ子すらも、中井にとっては「大切な存在」ではなく、「秤に載せる分銅」なんだ。
 言いなりにできるほうと付き合おうと。
 グアアア!
 なんか自分の醜い部分を見せつけられたような気がして、キッツイです。
 
 あの、不細工で不器用で泣き言ばかりだけど一生懸命だった中井は、もう死んで、消えてしまったのだ。
 なんだろう、このドヨドヨした気持ち。
 怒りと喪失感と徒労感が押し寄せて……
 浦賀和宏の暗黒青春ミステリを最後まで読んだような気持ちw
PR

コメント
無題
むしろ中井さんの言動と行動はわかりやすすぎというか、33歳だか34歳にして絵描きとして求められている状態で有頂天になるのは当然というか、今の状況は真実味がありすぎて直視したくないですw
なんでしょうかね「一歩間違えてたら自分も似たようなことをしている痛しい可能性」とか見せられたら、余計に忌避感がわくって感じですね。

まあ少年漫画の中でのこの行動ですから、予定調和として中井さんは上手くいかずにひどい目に合うとかするんでしょうけど…。
それを考えるとさらにどんよりとするのでした。

あと、今考えると編集を悪役にするのが問題になって、今の展開にしたというのもあるかなーとか。結局、誰か悪役なり具体的な目標なりがないと話は転がりませんからな。
それとは関係なく、漫画ばかり書いてた苦労はしていても世間知らずな人は、本当にこういうことしでかそうだと本当に重ねて思う…うう、マジで痛い。
【2009/12/16 07:32】 NAME[通行人S] WEBLINK[] EDIT[]
無題
>通行人Sさん
 コメントありがとうございます。
 中井は初登場時34歳で、いまは確か36歳くらいのはずです。
 ああ。そうでしょうね、人生が初めて上手く行ってるわけですからね、そりゃ有頂天にでもなりますわな。
 だから見たくねえ、こんなの。
 「良くも悪くも純情」「悪く言えば視野が狭くて思い込みが激しい」だったのが、一番悪い方向に出てしまった感じ。
 あの雪の中で蒼樹さんのために漫画描いたのは一体なんだったんだ、と、ドヨドヨと納得できない気持ちです。
 
 >悪役が必要
 編集者とケンカするよりは最近の恋愛展開のほうが実は好きなんですが、でも、「悪役」ではなく、「ちゃんと尊敬に値する好敵手」でもよかったと思うんですよ。
 エイジは師匠に近いポジションになってしまって、もうライバルとして機能していないので、他の人。
 たとえば、山久編集が推している静河流。ひきこもりで人と喋れず、思い切り自己投影した陰惨な漫画を描いているという静河。でも凄い面白いらしい。「あくまで計算で描く」主人公コンビとは正反対の漫画家で、彼と主人公との対決に強い興味があります。
 もっと全面対決して、「頭で描くか、魂で描くか」という永遠の命題に踏みこんで欲しいなあ。
 山久もいいキャラですよ。真に有能な編集者っていう感じで。新入社員なのに!
【2009/12/17 00:32】 NAME[ますだ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
2 4 7
8 9 10 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/17 cartier anelli per donne replica]
[01/17 bracciale cartier oro bianco imitazione]
[01/07 MichaelBit]
[01/03 ますだ]
[01/03 ますだ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析