ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

『三体』を読みました。
 中国で2000万部も売れている超人気SF小説です。日本でもぞくぞくと重版されるベストセラーです。
(正確には、2000万部売れているというのは「三体」「暗黒森林」「死神永生」の三部作を合わせた数字だが、それでも凄い)

 かなり歯ごたえがあって読みづらい小説だと感じました。こんなにややこしい小説が2000万部も売れるって、中国人すごいな!
 私が最近、海外SF読んでないから歯が弱くなったのかもしれません。
(山本弘や小川一水の書くSFは、もっとずっと読みやすい)

 種明かしというか、要点を言ってしまえば、簡単な話です。

 地球のすぐ隣の恒星系、アルファケンタウリに文明があるんですよ。
 アルファケンタウリは3つの太陽があるから『三体世界』というわけです。
 太陽が3つもあるせいで惑星の軌道が安定せず、ものすごく寒くなったり熱くなったりして、とても暮らしにくい星である。
 だから自分たちの星に見切りをつけて、気候の安定した星、地球を侵略することに決めた。
 だが、宇宙艦隊が地球に行くまで四百年もかかる。そんなに時間がかかったら、地球人の科学力が自分たちを上回るかもしれない。
 それでは困るので、地球人を弱体化させ、科学の進歩を止めるために間接的な侵略を行うことにした。電波で呼びかけて地球人の中に裏切り者を作るのだ。
 地球人でありながら、三体人に侵略されることを望む裏切り者たち、三体協会。
 彼らは何十年も前から、歴史の裏側で陰謀を巡らせ暗躍を続けていた。
 人類はついに三体協会の陰謀に気づき、三体協会を打ち破る。
 だが、まだ戦いは始まったばかり。恐ろしい超科学をもった異星人艦隊に、どう立ち向かうのか!?

 「三体」終わり。「暗黒森林」に続く。

 こうやって書いてしまうと、非常に簡単な話に思えるのですが、この小説はこれらの話をジワジワと、焦らしながら語ります。

 まず、1960年代の中国。文化大革命の真っ最中から、物語は始まります。
 一人の科学者が、『相対性理論やビッグバン理論を教えた』というだけの理由で、反革命的だとレッテルを貼られ、リンチの末に処刑されます。
 その娘、葉文潔も科学者になりますが、同僚に陥れられて彼女も反革命的とされ、投獄されそうになる。
 優れた能力のおかげでギリギリ助かり、刑務所に行く代わり、謎の基地での任務を言い渡される。
 巨大なパラボラアンテナのある基地で、生涯にわたり、極秘の任務につくのだ。
 任務とは、異星人を発見し交流することだった。

 それから舞台は、四十数年後の現代中国に移る。
 ナノマテリアルという超強度素材を開発していた科学者、汪淼。彼はゴーストカウントダウンという不思議な現象に襲われる。彼の撮影した写真に、謎の数字が現れ、しかもその数字がどんどん減っていくのだ。さらにカウントダウンは、王自身の視界にも及ぶ。常に目の前に数字が見えるのだ。
 この不思議現象を解き明かそうとするうちに、汪淼は『三体』というゲームに出会う。三つの太陽を持つ、気候の不安定な世界で、なんとか太陽運行の法則を解き明かし、文明を発展させるのだ…

 こんな感じ。

 父を文革で殺されて人類に絶望した科学者が、異星人との交信に成功し、やがてこの異星人こそ救い主だと考えるようになる。エコロジストの大富豪と手を組んで、三体協会の総帥となる。

 カウントダウン現象の謎を解き明かすために奔走する科学者が、やがて「三体」というゲームを通じて、三体協会から接触され、同志にならないかと勧誘される。
 
 この2つの物語が並行して語られるわけです。
  
 読んでる間は、「細かいことを書きすぎだ。早くSF的な本筋を進めてくれ!」って思ったけど、でも読み終わってみると、細かい部分の肉付けこそが面白い。
 いきなり真相をバーンと出したら面白くなかっただろう。

 三体世界の描写が面白いし、「異星人に侵略されることこそ救い」という三体協会の考えも説得力を感じる。
 感じるんだけど……
 終盤、三体世界が新兵器を使って地球を攻撃するあたり……
 万能すぎる……そんなすごい科学力があるんなら、もっと速く艦隊を飛ばせるのでは?
 っていうか、地球まで来る必要もない。恒星とか惑星も操れそうじゃん。

 あと、アルファケンタウリって、作中で描写されているような三体世界とは違う。
 3つの太陽があるといっても、3つめ(プロキシマ・ケンタウリ)は2兆キロも離れた場所にあり、重力的に影響がないはず。
 ケンタウリAとBは比較的近い連星だが、近いといっても15憶キロあるわけで……
 もっと近く、2、3億キロくらいの範囲に3つの太陽がギッチリじゃないと、惑星の軌道がメチャクチャに振り回されることはないはず。
 
「異星人に侵略されることこそ救い」という三体協会の考えが、今回の話で、打破されるべき間違った考えだと、はっきり描かれてしまったのが、ちょっと好みに合わない。
 最終的に否定されるにしても、もっと引っ張ってほしかった。
 
 すごいリアリティのある部分と、いくらなんでも無理があるのでは、という部分が混在して、うまく融合してない。
 面白いSFだとは思うけど、2000万部の超ベストセラー!! って言われると、うーんそこまでか? という気もする。
 2巻3巻がもっと面白いのかな?

 誤読があるかもしれないので、もう一度読み返すか。

(新海誠「天気の子」のネタバレがあります。ご注意ください)
  
 新海誠の新作映画「天気の子」観てきました。
 インターネットでオタクたちが騒いでいる通りの作品でした。
 セカイ系ど真ん中の剛速球で、ゼロ年代エロゲでした。
 どう見たって泣き系エロゲです。それ以外の何物にも見えません。

 終盤、たどりついた廃ビルで、主人公がけーちゃんにこう言われます。

「大人になれよ、少年」。

 この時、選択肢が見えました。

 1、その通りだ
 2、僕は、それでも陽菜さんが……

 見えたんです!!! あそこ絶対、選択肢ありますって!!
 そのあと、拳銃を天に向かって撃つか、けーちゃんを撃つかで、また分岐します。
 
 たぶんゲーム版だと、夏美は川澄綾子あたりが演じていて……伊藤静かもしれませんね……
 陽菜は川上とも子に決まっているでしょう!
 空に消えちゃう少女ですよ!?

 いちばんピンと来た感想は、「王の帰還だ! すべてのセカイ系は道を譲れ!!」という感想です。
 セカイ系って、非常に曖昧な言葉なんですよ。
 よく言われる定義、「少年と少女の関係が、世界の運命に直結する作品」「社会を抜きにして、個人と世界だけが描かれている作品」というのは、明らかに間違った定義です。
 
 だって、セカイ系の代表とされる「ほしのこえ」がそうじゃないもの。
 「イリヤの空」も、あてはまるようで、あてはまらない。あれは別に世界は滅びない。滅びそうな緊迫感があるだけだ。
 かろうじて「最終兵器彼女」があてはまるくらいか。 
 セカイ系の源流のひとつである「エヴァンゲリオン(TV版と旧劇場版)」ですら、あてはまらない。
 あれはシンジの内面の話であって、シンジと少女の関係の話じゃない。関係の話であることを拒否している。
 
 じゃあセカイ系って何なの? 明確な定義あるの? って言われると、誰もズバリと言えない。

 どういう定義をさだめても、どれかの作品がはみ出してしまうか、逆に漠然としすぎて、無関係な作品があてはまってしまう。

 定義を言えないんだけど……
 まちがいなく、それは存在していて……

 「天気の子」は純度100パーセントのセカイ系である、としか言いようがない!
 まさに王の帰還だ。
 セカイ系なるものは、この作品をもとに再定義される。
 「イリヤみたいな作品」ではなく、「天気の子みたいな作品」で通じるようになる。   
 
 こういうの好きです。
 コメディーあり、恋愛あり、家族のドラマあり、カーチェイスまであって、盛りだくさんで面白かったです。

 今年の長雨と完全シンクロしている、というのも素晴らしい。
 神に愛された監督だな。
 細かいところとして、凪がよかった。
 ヒロインの弟で、花澤香菜と佐倉綾音をはべらせているスーパーモテモテ小学生!
 恋愛経験のない主人公が「先輩」と呼んで教えを乞うシーンとか超面白い。
 これぜったい、悠木碧だろ、と思ってキャストをみたら、まったく無関係だった。
 ……。俺の耳はだめだな。
 私の言いたいことわかりますよね? すごい悠木碧っぽい子でしょう?

 ただ難点としては……

 1、ヒロイン(陽菜)が登場するまで遅すぎる。
 ハンバーガーくれたシーンは最初にあるけど、その時点ではヒロインではない。。
 ラブホテル街で再会して、拳銃撃って助ける、というシーンになるまで、20分くらい使ってません?
 夏美がヒロインなのか? と思わせてしまう。
 陽菜の登場がやたら遅いもんで、「夏美ルートがある」とか言われるのです。

 2、主人公が拳銃をなんとなく拾って、なんとなく持ち歩くのが理解できない。
 なんでだよ? おもちゃだと思っていたの?
 東京は怖い、というだけで護身用に持っていた?
 ???
 お前の思考回路が怖い。
 
 3、クライマックス、廃ビルにたどり着いたとき、けーちゃんが立ちふさがり、凪が助けてくれる。
 うーん……なんで追いついたの?
 けーちゃんは車に乗っているから、ギリギリわかるけど、凪は……女装した小学生が、あれだけカーチェイスして、線路を走ってまでショートカットした主人公に、なんで追いついてしまうのか。実は凪も超能力者では。

 4、主人公の罰が軽すぎませんか?
 主人公は、好きな女の子のために、それだけのために、
 拳銃を2回もぶっ放し、警察官と格闘し、パトカーから逃げ回り、線路に侵入し、挙句の果てには東京を水没させた。
 (東京が水没したのが彼のせいなんです、というのは、本人と陽菜だけしか知らないことですが)

 これだけやって「保護観察」というのは処罰が軽すぎる。
 彼の決意まで軽くなってしまう。
 だって彼は、刑務所に入っても死刑になってもよいんだ、という気持ちで陽菜さんに会いにいったんでしょう?
 彼はもっと罰を受けるべきでは?
 刑務所がだめなら、大けがして体に障害を負うとか。

 僕は何もかも失い、消えることのない罪の烙印を押された。
 それでも陽菜さんがいるから大丈夫だ。

 という終わり方にした方が、私は好きだ。

 まあとにかく、面白かったから良いや!
 過去の新海作品でいちばん好きですよ。 
 

「ガールズ&パンツァー最終章」第2話を見ました。

 うん、さすがです。
 これまでのガルパンが好きな人なら、きっと興奮できる出来です。
 おもに敵側の視点から描いている、というのがよかった。
 マリー隊長かっこいい!
 知波単学園がんばれ!!
 と言いたくなる。
 マリー隊長のリーダーシップと判断力はかっこいい。
 だってマリー隊長、すぐに同士討ちの真相を把握して、体を張って止めに行ったんだぜ。
 知波単も別物のように成長しているし。

 戦車戦もいろいろなバリエーションが楽しめたし。

 なんといっても興奮したのが、知波単が大洗のポルシェティーガーを倒したシーンである。
 たしかに倒していたよね? 目の錯覚じゃないよね?
 あんなに弱いチハが! 第二次大戦最強のティーガーを! 倒した!
 架空戦記でもめったにないシーンである。(架空戦記はあんまりチハ出ませんけど)
 もう一度観に行って、この目に焼き付けたい。
 現実の日本戦車隊は無謀な突撃などせず、巧みなゲリラ戦で性能差に抗った。
 それでも常に劣勢を強いられたわけだが。
 生まれ変わった知波単は、日本戦車隊へのリスペクトにあふれた存在である。

 知波単の次は継続高校と戦ってほしいね。
 いくらなんでも戦車一両で出場することはないだろう。
 あの三人以外、どんな奴がいるのか見たい。

 ガルパン最終章を見に行けなかったので、かわりに劇場版を観た。
 ちょうど今、バンダイチャンネルで見放題なのだ。

 映画館で何度も見てる。DVDも買った。
 今回見るのは10回目くらいだ。
 だが10回目でも目を見張るほど面白い。
 最初から最後までノンストップで戦車が大暴れしてるし、わずかな日常パートも哀愁があって良いし、「戦争映画のようなシリアスな戦い」も「タイムボカンシリーズのようなコミカルな戦い」も両方味わえて、腹いっぱいだ。
 もっとすごいのが、何十人もいるキャラ全員に見せ場があって、魅力を味わえることである。
 このキャラはこういうキャラです、こういう過去があって、こうやって仲間になりました、みたいな説明が何にもないのに、それでもどんな奴かわかって魅力がビンビン伝わる。神業としかいいようがない。
 TV版や、最終章も、おもしろい作品だとは思うんだけど、この劇場版がとくにケタ違いに出来が良い。
 最終章は、劇場版とは対照的に、ガルパンらしくないスローペースなんだよね。
 サメさんチームが仲間になる話に20分も使ったりして。

 バンダイチャンネルで、アニメ「川柳少女」を見ています。
 「面白く」はないけど、ほんわかまったりと癒される。

 5・7・5の川柳にしないと言葉をしゃべれない少女・七々子の話。
 七々子が、文芸部の部長とか、部員の男の子・毒島エイジなんかと、ほんわかな日常生活を送って、恋愛する話。
 常に5・7・5でしゃべる子ってかなり変なのに、みんな変人扱いしなくて、優しい世界だね。
 「まったくしゃべれず、なんでも絵で描いて表現する子」まで出てくる。こっちも変人扱いされない。
 どんだけあったかい世界なのか……
 このアニメの世界にはイジメなんてないんだろうな。
 
 久々に、清楚な感じの花澤香菜ボイスが楽しめました。
 いつ以来だろ。

 あと、七々子と毒島エイジ、お前ら完全に相思相愛じゃん。
 つきあっちゃえよ、というか、すでにつきあってるな。
 つきあってるという自覚がないだけだ。


カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/11 ますだじゅん]
[09/11 ますだじゅん]
[09/10 ますだじゅん]
[09/09 村井]
[08/30 Rosaliehougs]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析