ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

「まちカドまぞく」

 かわいいなあ、ほほえましく笑えるなあ、という感じで、最後まで楽しく見ることができた。
 でも、どこか、ハラハラした。。
 登場人物に悪い奴がいない。(ご先祖様がちょっとワガママだけど)
 みんな良い奴で、徹底的に利他的というか自己犠牲的で、大切な人のために一生懸命。
 そして設定の上では、いくらでも暗い話にできる。
 すごく鬱展開になりそうで、ギリギリならない、という綱渡りを12話見せられた。
 だからハラハラした。

 「虚構推理」

 最初はピンと来なかったけど、終盤の、「鋼人七瀬を消すためにウソの推理をネットに書く」、というあたりには感心した。
 「人間の想念が実体化して妖怪になる」という設定自体は真新しくない。
 「妖魔夜行」が有名ですよね。ほかにもたくさんある。
 でも、「その想念を消すためにネット掲示板で口げんかする」というのは……
 誰でも思いつきそうな話なのである。でも、それをアニメとして面白く描くのは難しいと思う。だからすごい。
 よくも、アニメ化しようと思ったよな。言い合いしてるだけなのに。
 すごく「絵になりそうにない」ものを面白く作ってしまったからすごい。
 「妖魔夜行」でも、「ネットに書き込みして妖怪を倒す」という話はなかったと思う。
 人間の想念自体を消すことはできない、生まれた後の妖怪を直接倒すか、説得するかしかない、という描き方だったと思う。
 
 ヒロイン・琴子の性格はかなり好みが分かれそうだけど、私は好き。

 まったく予備知識なしに第一話を見たときは、「普通の男の子が、不思議な力を持つ女の子と出会い、妖怪の戦いに巻き込まれる」という(定番の)話だと思った。
 しかし男の子は不死身であり、女の子以上に普通じゃない。普通じゃない男の子と普通じゃない女の子が出会って、お互い必要な存在、大切な半身として生きる話なのだな。
 
 「異種族レビュアーズ」

 凄かった。
 エロシーンは、興奮するというより笑ってしまう感じで、私の感覚的には、「ポルノ」ではない。
 割と真剣に「異世界をキッチリ構築した、出来のいいファンタジー」だと思う。

 っていうかさあ。
 「文化も習性もまったく違う、たくさんの種族たちが、『性愛の営み』で結びついて平和共存している世界」。
 SFとして、すごく魅力的ですよね。
 これをSF作家が先に書かず、ファンタジーとして書かれてしまった。
 我々の敗北を意味するのではないか?

 スタンクとゼルは、あれだけいろいろな種族とセックスしてるのに、同性愛や両性愛には抵抗あってウゲーッと言うのが、なんだか不思議。

 「マギアレコード」

 すごく面白くなりそう!! っていう感じのまま最終話まで行ってしまった。
 かわいいキャラばかりなんだけど、数が多すぎて一人一人をちゃんと描けなかった感じですよね。
 やっぱり、出たばっかりのキャラクターの別離や友情を描いても限界がありますよね。
 人工知能アイちゃんのエピソードとか、すごく「泣けそう」だったんだけど……「泣けそうで泣けない」。

 終盤は、「えっ。なにこれ、共産主義アニメ?」という感じでした。
 釘宮ロリが「魔法少女の同志たちよ! わたくしたちは商品なんかじゃない! 魔法少女の解放を!」って言って、組織マギウスを結成し、キュゥべぇの搾取構造に立ち向かうんだよ?
 うおー、すげえなあ。
 これを序盤や中盤に持ってきて、「果たしてマギウスは正しいのか、キュゥべぇと大差ない存在に過ぎないのか?」と、友達だった魔法少女たちが争う、みたいな感じにした方が面白かったのでは?
 「まどか☆マギカ」を観ている人にとって、魔法少女契約すればひどい目にあう、というのは既知の事実だから、終盤まで引っ張る必要ない。
 ウワサを撃破するのは1回くらいで、いきなりマギウス出して、魔法少女の悲劇を明かして、その解放のためにマギウスがあるのだ、って明かしたほうがよかったんじゃない?
 ウワサを撃破するあたりでかなりダレてしまった。
 やっと、面白くなりそうな準備が完全に整った、という感じです。
 だから2期は面白い……と思う。たぶん。
 
 「新サクラ大戦 THE ANIMEMATION」

 ゲーム版知らなくても、このキャラがどんな奴で、どんな話なのか、というのは理解できます。
 旧サクラ大戦の知識も必要ない。
 まだ3話までしか見てないけど、それなりにできがいいと言えるのでは。
逆にいうと、とびぬけた面白さはない。

 「かくしごと」  

 原作はパラパラみただけ。
 これも、まちカドまぞくと同じで、「ものすごく悲しい話になりそうな予感」を漂わせながら、ほのぼのホームコメディとして進んでいる。
 過去の久米田作品と比べ、下ネタや社会風刺はかなり抑えめで、ファミリーみんなでニコニコ見られる笑いになっている。
 言われてみれば久米田作品は、ギャグと思わせてシリアスなオチ、というのを何度もやってきた。
 「いままでの話は精神病の治療だった」という、「かっての改蔵」は衝撃的だ!!

 今回は、シリアスな着地点を最初に見せておいて、果たしてどうやってこうなるのか、という、過程を見せる感じになっている。
 どうなんだろう。新境地か。集大成か。 
 
 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった……」

 これ面白い!
 第一話をみた時点でグッとつかまれた。
 主人公のカタリナ・クラエスがすごい良い奴、萌えキャラとして、ではなくて人間として魅力あるのだ。
 自分の破滅を回避するという利己的な理由なのに、結果としてみんなを救って本人もハッピー。
 これならみんな惚れるさ。こういう人が私のそばにいれば幸せだろうなあ、という感じ。  
 転生にする前の、「野猿」だった主人公が、すごく良い奴、「主人公力(しゅじんこうぢから)」のある奴だったのかな?

 でも子供のころのほうがみんな可愛くてよかったよね。
 男連中は、成長すると全員同じような美形で、区別がつかんなあ(笑)
「劇場版SHIROBAKO」観てきました。TV版のファンです。六年も経ってから続編を見ることができるとは感激です。
 面白かったです。TV版が好きだった人はぜひ見るべき。

 まず序盤が良かった。ボロボロに落ちぶれ、仲間にも去られた状態から再起!! というのがとても、今の自分には痛く熱く快かった。
 相変わらず宮森はイマジナリーフレンドと幻覚の織りなす不思議の世界を生きていますね。
 脱法ドーナツドーンと行こう!
 アニメーションを作りましょう!! でたくさんのキャラクターと踊りまくるシーンは、最初見てて恥ずかしかったけど、途中からノッてきた。これがミュージカルか……
 中盤、みんな一人また一人と再集結するところは、もっと良かった。宮森の同期たちがすごい成長を見せているところも感動的だった。特にりーちゃん。もう師匠と弟子じゃない、同格のライバル脚本家だ!
 終盤の、忍者軍団との戦い(!?)は、もちろんシロバコ特有の比喩なんだろうが、うーん……「このパターンはもうTV版で見た」という感じで、プラスアルファが欲しかったな。

 忍者軍団、ラストの作りなおしなど、終盤ちょっと弱かったけど、全体的には面白かったです。俺の好きなキャラ(具体的には矢野エリカ)がもっと活躍するともっと良かった。

 ただね、この作品のいちばんの問題はね。
 すごく大きな問題があってね。
 宮森たちが作り上げたアニメ「空中強襲揚陸艦SIVA」。あれが面白そうに見えないこと。
 そもそも、どのへんが空中強襲揚陸艦なの??
 いくらなんでも、タイトルと中身違いすぎません? 
 強烈な違和感が……近未来リアル軍事ものみたいなタイトルなのに、「幼児向けアニメ」みたいなキャラ出されても……
 絵柄のミスマッチと言い、タイトルと内容の乖離と言い、アレは「怪作」枠だろ……?
 断片しか描けない劇中劇を、面白そうに描くのは難しいのかも。うーん、でも「えくそだすっ」はちゃんと面白そうなんですよ。突っ込みどころ満載でありつつも面白そう。
 SIVAはなあ……
 主人公たちが心血注いで作り上げたものがつまんなそう、というのは問題だよ……??

白鳥士郎「りゅうおうのおしごと!」12が出たので、さっそく読みました。
 
 (ネタバレするのでご注意ください)

 11巻で結ばれていた銀子と八一が、あらためて完全に結ばれ、銀子は念願のプロ棋士にもなれて、ハッピーエンド。
 え、これでエンドじゃないの? あとは何を書くの? 
 あれだけ「わたし才能ない……三段リーグを抜けるなんて無理……」って言っていた銀子が、まさかの一期抜け。八一よりすごくないですかそれ?
 この小説における「才能」とは本当に曖昧なものだなあ。

 5巻の時点では完全に負けヒロインだった銀子が、不動のナンバーワンになったことも驚き。
 あいと天衣はまだ諦めていないけど、この状況からひっくり返すのは無理だろう。
 だって八一は「銀子以外を好きになることなんて、もう一生ない」って言ってるし。

 八一と銀子のラブラブパワーもよかったですが、いままで悪役(憎まれ役)だった椚 創多と辛香 将司の内面が描かれたのもよかった。実は良い奴。感情移入できる奴。

 面白かった。
 でも。あとがきには、本当にイラっとさせられた。

 「自分には、流行に乗ったライトノベルを書く才能がありませんでした」
 「流行の二番煎じ以下のものしか書けず、作家と呼べるものではありません」

 押しも押されぬベストセラー作家が何をいってるんだ。謙遜も行き過ぎて嫌味だ。
 このあとは、「でも今はこんなに高く評価されました。みなさんありがとうございます」が続くんだけどね。
 でも、それでも、イラっとするね。

 「りゅうおう」以前の「のうりん」時点で、アニメ化されてるのに。
 「のうりん」は流行の二番煎じ以下の、駄目な作品だったんだ?
 のうりんを好きな人、推してくれた出版社、イラストレーターやアニメ関係者に対して失礼だろうが。
 
 作家の大部分はアニメなんてされませんし、そもそも、十年間作家を続けることはできません。
 あなたは巨大な実績のある大天才です。 
 それなのになんでこんな卑屈なんだ。じゃあ、あなたより実績の劣る人はどうすれば良いって言うんだ。
 
 まさに作中人物のようだな。
 あんなに天才である銀子が「わたしは才能ない、この手を切り落としてやりたい」って言っているような。
 じゃあ銀子に秒殺されていった女流棋士たちはなんなのか。

 小説の出版というのも、将棋の棋士と同じですよね。
 月に何冊出せるという、枠があるんですよね。
 誰かが本を出せたということは、ほかの誰かが出せなくなったということ。
 アニメ化だって、「のうりん」がアニメ化されたことにより、別のアニメ企画がポシャったはず。
 他の誰かの可能性を奪って踏みにじって、白鳥史郎は登ってきたんです。
 それだけ踏みまくってる人が「俺は才能ないです。大したことありません」。
 腹立たしいこと、この上ない。

 「自分は才能ない、全然大した作家じゃない。だからもっと努力しなきゃ」という強迫観念こそが白鳥士郎の原動力。「俺は凄い作家だ」と満足したら何も書けなくなるんじゃないか?
 ……だとわかってはいるが、公の場で言うことじゃあるまいよ。
 自分は才能ない、だけならまだよかったですが、自分の書いた作品を「流行の二番煎じ以下」って言っちゃったのは、作品への侮辱でしょう。私は「りゅうおう」も好きですが「のうりん」も好きなので、非常に不愉快です。
「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」のアニメ1話をみました。
 ゲームマギアレコードはいっさいやってないので、どういう作品かは知りません。
 「まどか☆マギカ」本編は大好きです。

 第1話を見た感じだと、すごく面白くて期待できそう!
 おどろおどろしい魔女、スタイリッシュで幻想的な戦い、少女の悲痛さ。
 謎に満ちた展開。
 いいじゃないか!!

 旧「まどか☆マギカ」は、「暗黒系魔法少女」というジャンルを確立させた偉大な作品。
 幻影ヲ駆ケル太陽とか、結城友奈は勇者であるとか、魔法少女育成計画とか、そういうのが「暗黒系魔法少女」です。グランベルムもそうかな?
(それ以前にも、小説やマンガなどで魔法少女をひどい目に合わせた作品はあったようですが、ジャンルとして確立はしていなかったと思う)
 私は「暗黒系魔法少女」好きですが、後続作品のどれを見ても、まどか☆マギカを観た時ほどの衝撃は受けなかった。
 でも、この作品なら、まどか☆マギカ本編を超えてくれるのではないかと思っている。

「銀河英雄伝説 Die Neue These」の映画を観ました。
 「Die Neue These」って書きづらいので、「ノイエテーゼ」と書きます。
 去年はじまった、「新しいアニメ銀英伝」です。
 去年はテレビアニメが12話公開され、原作の1巻途中までアニメ化しました。
 今回は映画が3本。原作でいえば2巻までをアニメ化しました。
 
 うーん……
 私は去年、ノイエテーゼのアニメを観て、かなりガッカリしたんですよ。
 ものすごーく不満がありました。
 銀英伝ってこんなのだったか? ちがうちがう、原作はもっと面白い話であるはずなんだが……
 まずキャラクターデザインが、ぼんやりしているというか、地味というか、特徴をつかんでない。こういう奴だ、って伝わってこない。
 とくにキルヒアイスが、釣り目で、冷たく意地悪そうな顔立ちになっているのが、すごく違和感ある。
 もっと明るく朴訥で、いかにも善人という容姿でないと。
 それでこそ、どうしてもラインハルトには彼が必要だったんだ、こんなにも尊い者が喪われてしまったんだ、という悲しみにつながる。
 門閥貴族たちも地味だ。普通に軍服と背広着てるなんて駄目だ。もっとギトギトして、ギンギラギンに派手な悪趣味な格好のほうがいい。

 同盟側も、ヤン・ウェンリーが格好良すぎる。顔もいいし、言動にけだるさがない。
 「ボサッとしてゴミの山に住んでいて、怠けることばかり考えているダメ軍人が、実はすごい能力を持っている」というのがヤンの面白さだろう。
 昔の私のような、頭でっかちで屁理屈好きな中高生を「自分もヤン・ウェンリーなんだ。まだ能力が覚醒してないだけだ」という気持ちにさせるのが、ヤンだ。
 あからさまに切れ者で、やる気があって、カッコよかったら、そんなのヤンじゃない。
 シェーンコップが「不良中年」じゃなくて、ホストみたいな優男になっているのも「!?」だ。

 納得できたのはラインハルトとオーベルシュタインくらい。同盟ではビュコックも、あんなもんかな? 
 
 艦隊戦のシーンは、何が起こってるのかわかりづらいし、ストーリーはなんか盛り上がらないし、っていうか、同盟側に偏りすぎじゃないかなあ……
 アムリッツァ会戦という大きな戦いが、いまから始まるぞ、というところでアニメ終わっちゃうんですよ。
 なんでここで切るのかさっぱり理解できない。
 
 で、続きの映画を、今回見たわけです。
 うーん……
 去年のテレビアニメよりは少し良くなった、かなあ……??

 シェーンコップを中年じゃなくて美青年にした意図はわかりました。
 同盟クーデターのとき、シェーンコップがヤンを扇動する。
「独裁者になってみるってのはどうです? 意外とうまくやれるかもしれませんよ?」と。
 甘い誘惑であり、半ば押し倒すようで、すごく色気があった。
「なにこれ? ラブシーン? BL?」って勘違いするくらい。
 ああ、このシーンのためか。

 でもまあ……全体としてはなあ……
 やっぱりちょっと薄味で、「これが銀英伝の面白さだ」というところを、映像化できてない……
 私が見たかった銀英伝は、これではない。

 私は、ヤングジャンプでやってるマンガ、藤崎竜の「銀英伝」がとても好きです。

 あれは、まさに少年漫画であり、キャラクターは特徴が強調されています。
 バリッバリにキャラが立ってます。
 戦闘シーンも、いま何が起こっているのか懇切丁寧です。
 あのわかりやすさに慣れてしまうと、ノイエテーゼは、ウーン!! ちがう!!! って100回くらい言いたくなる。
 でも、藤崎竜版の銀英伝が嫌いだという人もいます。
 登場人物が戯画化されているのが駄目だというのです。
 そういう人にとっては、逆の作り方をしたノイエテーゼが良いのかもしれません。
 「重厚な海外ドラマのようだ」という擁護意見も見かけます。
 いろいろな銀英伝があって、自分に合った銀英伝を愛すればよい。いろいろ選べるのはとても幸せなこと。
 たまたまノイエテーゼは私の好みに合わなかっただけ。


カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[05/27 vszpPlutt]
[05/27 mejzexori]
[05/26 lopldzogue]
[05/24 PravaMep]
[05/24 lqbtbexori]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析