ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
SSSS GRIDMAN 6話、すごいね。

 戦闘はほとんどなく、人物もあまり動かさず、静止画、それも背景の無生物を映す。
 徹底的に作画を節約。実験的な表現手法。
 そして衝撃的というかメタフィクション的な真実。

 23年前に初めてエヴァンゲリオンを見た時の興奮が少し蘇った。
(私は中年オタクなので、エヴァンゲリオンが「斬新」「刺激的」の代名詞になっちゃってるんです。「感動的」の代名詞はkanonとかですw)
 
「あの世界はコンピュータの中(あるいは夢の中)であるらしい」という説は2話の頃からずっとあって、アカネの作った仮想現実だという説もちゃんとあった。5話で、ほぼ確実になっていた。
 
 だから、やっぱりか、という感じなんだけど、表現方法が秀逸なので、ちゃんと心臓ドキドキした。
 
「大きい川が流れててさ」「そんなのないよ。この町の外には、なにもないよ」
「どういうこと?」「眠くなったでしょ。この町の外に出ると、みんな眠くなる」

 このやり取り、ゾクッとする。
 
 でも今回の六花さあ、いくらなんでも母性愛強すぎない?
 すげえくだらないこというけどさ。
 幼稚園児くらいの子供ならともかく、アンチくんは第二次性徴よりあとの少年(に見える)。
 六花自身も「中学生?」って言ってたし。
 そんな大きな子を、心配して家に連れて来て、お風呂まで入れてくれるなんて……
 六花あんた、男子中学生の怖さ分かってないよ。
 アンチくんがたまたまアンチくんだったからよかったけど、ふつうの男子中学生をお風呂に入れたら、これはもう、エロ同人展開にしかならん。
 男子中学生とはそういう生き物です。

 ホント不思議なんだよ。六花、男の子を裸に剥くことをまったく恥ずかしがっていないのは、なぜなんだろう? 兄弟がいると平気なんですか?
 
 アカネと内海との会話も、たいへんよかった。
 憧れの女子、新条アカネは実は、怪獣マニア! 自分と話が合う!
 オタクとして、内海は狂喜していたはず。
 それなのに、「響裕太のことを知りたくて近づいてきただけ」。
 どれほどショックだったろうなあ……
 でも、それでも「新条さんを巻き込みたくない」とかいって、グリッドマンのことを教えない……
 カッコいいぜ、かっこいい恋する男子だぜ。
 「新条さんこそ諸悪の根源でした」と知った時、内海の心がどうなるか見たい。

 病気で仕事を休んだので、なんかアニメでも見ようか、ということで「ゾンビランドサガ」を見ました。

 面白いです!
 とくに4話5話がバツグンによかったです。
 5話なんて前半と後半で2回山があって、2回笑えるし、Tシャツのオチが効いていてすごく良かった。
 今日は5話をずっとリピートしていました。何度みても吹き出してしまう。
 ぎゃくに1話なんかは見るのがつらかったですね。
(キャラ同士の関係が一切なく、さくら以外はウーウー言ってるだけなので)
 さくらとサキの信頼、純子と愛の対立など、関係性が構築されていくとどんどんおもしろくなっていく感じです。
 アイドルたちが全員ゾンビ、というのが出落ち的に終わるのではなく、ゾンビだとバレたらいけないというコメディ要素にもなり、時代の違う女の子たちの対立というシリアス要素にもなる、というのがうまいです。
 ギャグと青春のバランスが良い、相乗効果で面白くなってる、という感じです。
 主題歌もカッコいいですが、これ、なんで戦隊風の絵なんでしょうかね?

 君をタイツから救いに来たんだ(同案多数)

 グリッドマン3話を批判したけど、でも、めっちゃ期待していることには違いない。

 アカネがすごく良い。

 僕はね、巨乳と貧乳だったら貧乳派なんです。
 乳と脚だったら脚派なんです。
 黒髪の子が好きなんです。
 暁美ほむらや、神楽ひかりみたいな娘が理想の女性です。
 外見的にはアカネより六花のほうがツボなんですよ。

 でも外見の差を補って余りあるくらい、アカネのヤバさが好き。

 「SSSS.GRIDMAN」3話みました。

 うーん、ネットでは賛否両論ですね。
 私も「バトルは、勇者シリーズみたいでカッコ良かったが……話はこれ、どうなんだ?」という感じです。

 「話のテンポが良い」と「説明不足」は表裏一体なんだなあ……

 「怪獣の正体は人間かも」という軽口のせいでピンチに陥るのは面白かった。
 自分のせいでグリッドマン負けちゃった、ということを言えない内海、その心の弱さが人間らしい。
 でも、ピンチを打破するのは愛や友情などの精神論、あるいは知恵であって欲しかった。
「新しい助っ人で勝つ」というのは、それ2話でやったしなあ。
 面白い新キャラがぞくぞく出てきて、見ている間はそんなツッコミする気にならないんですよ。
「ああ面白かった。……うーん、でも?」という感じになるのです。

 あと、謎が明かされるどころか、どんどん増えていく。

 「敵は何者で、グリッドマンは何者で、主人公は何者なのか?」
 「なぜ主人公は記憶喪失なのか、なぜ彼だけグリッドマンと合体できるのか?」
 「果たすべき使命とは具体的に何か?」
 
 これらに対して、グリッドマンがちゃんと答えないので……
 なんで教えてくれないの……?
 引っ張るからには、ハードル上がりますよ。
 おおっ、そうだったのか、という答えを用意してほしい。

 「なぜアカネは、内海や響を敵だと考えないのか? 今回のアカネの言動だと、内海に対する敵意を感じない。グリッドマン関係者と考えて、真っ先に殺しに行くのが筋では?」

 という疑問もある。

 作品を否定したいわけでなく、「きっと次回以降、このフラストレーションを解消してくれるだろう。……解消してくれるんだよね!?」という感じ。

 まだ3話だからね。
 つまらなかったわけでなく、「不満や疑問をためる」回だった。
 弓がたわむように。

 1話80点。2話90点。3話70点。という感じです。

 アニメ「SSSS.GRIDMAN」をみました!
 おもしろいじゃない!!!
 旧グリッドマン最大の特徴「コンピュータの中で戦う」が無くなって、現実世界で怪獣と戦うわけですが、新しい趣向として、「破壊されたはずの街が何故か直る」「主人公たち以外、戦いのことを忘れてしまう」という、「世界のリセット」がでてきました。
 ネットでは「この世界そのものが、パソコンの中の仮想世界なんだろう、ゼーガペインみたいに」って言われてますね。普通に考えればそうだと思いますけど、でも、そんな誰でも思いつくネタをやるかなあ、もっと一捻りしてほしい……思いつかないけど。
 
 で、第1話をみて感動したのは、「王道で定跡どおりのヒーロー物をかっちりやってるなあ」ということです。

 主人公にだけ認識できる、ヒーローの声。怪獣の姿。
 少しずつ壊れていく、穏やかな日常。
 友達は「怪獣なんていないよ。主人公の妄想じゃない?」みたいに扱うが、優しいので見捨てない。
 ある時、決定的に日常は崩壊し、妄想だと思われていた怪獣が街を破壊する……
 説明は後だ! 変身だ!
 ピンチのときに友達が声を伝え、パワーアップして勝利する。
 これがヒーロー物のお手本だ、という感じ。
 
 興奮しながら第2話を観て、「アカネちゃんやべえ……」と、さらに興奮しました。
 アカネちゃんいいね!
 面白い悪役だ!
 俺のこともナマ足で蹴ってください!
 才色兼備でみんなに好かれている完璧美少女が、家に帰ると眼鏡かけてヘッドホンして、無邪気に笑いながら怪獣作って、気に入らない奴殺すんですよ!

 「よっしよっし、死んだー!!」
 「えへへへ、うちの担任、殺そっかなーと思って」

 おれ、色付きのレンズは眼鏡っ子と認めない派だったけど、いまから認めます!
 このサイコっぷりがたまらない!
 声優は上田麗奈……こういう声も出せる子だったのか。
 悠木碧かと思った。悠木碧が基地外演じてる時にすごく似ている。
 アクションも良いぞ!
 第2話のアクションシーンは、ウルトラマンなどの特撮に、「勇者シリーズ」の格好良さを合体!!
 とにかく、今後が楽しみです!


カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析