ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

(新海誠「天気の子」のネタバレがあります。ご注意ください)
  
 新海誠の新作映画「天気の子」観てきました。
 インターネットでオタクたちが騒いでいる通りの作品でした。
 セカイ系ど真ん中の剛速球で、ゼロ年代エロゲでした。
 どう見たって泣き系エロゲです。それ以外の何物にも見えません。

 終盤、たどりついた廃ビルで、主人公がけーちゃんにこう言われます。

「大人になれよ、少年」。

 この時、選択肢が見えました。

 1、その通りだ
 2、僕は、それでも陽菜さんが……

 見えたんです!!! あそこ絶対、選択肢ありますって!!
 そのあと、拳銃を天に向かって撃つか、けーちゃんを撃つかで、また分岐します。
 
 たぶんゲーム版だと、夏美は川澄綾子あたりが演じていて……伊藤静かもしれませんね……
 陽菜は川上とも子に決まっているでしょう!
 空に消えちゃう少女ですよ!?

 いちばんピンと来た感想は、「王の帰還だ! すべてのセカイ系は道を譲れ!!」という感想です。
 セカイ系って、非常に曖昧な言葉なんですよ。
 よく言われる定義、「少年と少女の関係が、世界の運命に直結する作品」「社会を抜きにして、個人と世界だけが描かれている作品」というのは、明らかに間違った定義です。
 
 だって、セカイ系の代表とされる「ほしのこえ」がそうじゃないもの。
 「イリヤの空」も、あてはまるようで、あてはまらない。あれは別に世界は滅びない。滅びそうな緊迫感があるだけだ。
 かろうじて「最終兵器彼女」があてはまるくらいか。 
 セカイ系の源流のひとつである「エヴァンゲリオン(TV版と旧劇場版)」ですら、あてはまらない。
 あれはシンジの内面の話であって、シンジと少女の関係の話じゃない。関係の話であることを拒否している。
 
 じゃあセカイ系って何なの? 明確な定義あるの? って言われると、誰もズバリと言えない。

 どういう定義をさだめても、どれかの作品がはみ出してしまうか、逆に漠然としすぎて、無関係な作品があてはまってしまう。

 定義を言えないんだけど……
 まちがいなく、それは存在していて……

 「天気の子」は純度100パーセントのセカイ系である、としか言いようがない!
 まさに王の帰還だ。
 セカイ系なるものは、この作品をもとに再定義される。
 「イリヤみたいな作品」ではなく、「天気の子みたいな作品」で通じるようになる。   
 
 こういうの好きです。
 コメディーあり、恋愛あり、家族のドラマあり、カーチェイスまであって、盛りだくさんで面白かったです。

 今年の長雨と完全シンクロしている、というのも素晴らしい。
 神に愛された監督だな。
 細かいところとして、凪がよかった。
 ヒロインの弟で、花澤香菜と佐倉綾音をはべらせているスーパーモテモテ小学生!
 恋愛経験のない主人公が「先輩」と呼んで教えを乞うシーンとか超面白い。
 これぜったい、悠木碧だろ、と思ってキャストをみたら、まったく無関係だった。
 ……。俺の耳はだめだな。
 私の言いたいことわかりますよね? すごい悠木碧っぽい子でしょう?

 ただ難点としては……

 1、ヒロイン(陽菜)が登場するまで遅すぎる。
 ハンバーガーくれたシーンは最初にあるけど、その時点ではヒロインではない。。
 ラブホテル街で再会して、拳銃撃って助ける、というシーンになるまで、20分くらい使ってません?
 夏美がヒロインなのか? と思わせてしまう。
 陽菜の登場がやたら遅いもんで、「夏美ルートがある」とか言われるのです。

 2、主人公が拳銃をなんとなく拾って、なんとなく持ち歩くのが理解できない。
 なんでだよ? おもちゃだと思っていたの?
 東京は怖い、というだけで護身用に持っていた?
 ???
 お前の思考回路が怖い。
 
 3、クライマックス、廃ビルにたどり着いたとき、けーちゃんが立ちふさがり、凪が助けてくれる。
 うーん……なんで追いついたの?
 けーちゃんは車に乗っているから、ギリギリわかるけど、凪は……女装した小学生が、あれだけカーチェイスして、線路を走ってまでショートカットした主人公に、なんで追いついてしまうのか。実は凪も超能力者では。

 4、主人公の罰が軽すぎませんか?
 主人公は、好きな女の子のために、それだけのために、
 拳銃を2回もぶっ放し、警察官と格闘し、パトカーから逃げ回り、線路に侵入し、挙句の果てには東京を水没させた。
 (東京が水没したのが彼のせいなんです、というのは、本人と陽菜だけしか知らないことですが)

 これだけやって「保護観察」というのは処罰が軽すぎる。
 彼の決意まで軽くなってしまう。
 だって彼は、刑務所に入っても死刑になってもよいんだ、という気持ちで陽菜さんに会いにいったんでしょう?
 彼はもっと罰を受けるべきでは?
 刑務所がだめなら、大けがして体に障害を負うとか。

 僕は何もかも失い、消えることのない罪の烙印を押された。
 それでも陽菜さんがいるから大丈夫だ。

 という終わり方にした方が、私は好きだ。

 まあとにかく、面白かったから良いや!
 過去の新海作品でいちばん好きですよ。 
 

「ガールズ&パンツァー最終章」第2話を見ました。

 うん、さすがです。
 これまでのガルパンが好きな人なら、きっと興奮できる出来です。
 おもに敵側の視点から描いている、というのがよかった。
 マリー隊長かっこいい!
 知波単学園がんばれ!!
 と言いたくなる。
 マリー隊長のリーダーシップと判断力はかっこいい。
 だってマリー隊長、すぐに同士討ちの真相を把握して、体を張って止めに行ったんだぜ。
 知波単も別物のように成長しているし。

 戦車戦もいろいろなバリエーションが楽しめたし。

 なんといっても興奮したのが、知波単が大洗のポルシェティーガーを倒したシーンである。
 たしかに倒していたよね? 目の錯覚じゃないよね?
 あんなに弱いチハが! 第二次大戦最強のティーガーを! 倒した!
 架空戦記でもめったにないシーンである。(架空戦記はあんまりチハ出ませんけど)
 もう一度観に行って、この目に焼き付けたい。
 現実の日本戦車隊は無謀な突撃などせず、巧みなゲリラ戦で性能差に抗った。
 それでも常に劣勢を強いられたわけだが。
 生まれ変わった知波単は、日本戦車隊へのリスペクトにあふれた存在である。

 知波単の次は継続高校と戦ってほしいね。
 いくらなんでも戦車一両で出場することはないだろう。
 あの三人以外、どんな奴がいるのか見たい。

 ガルパン最終章を見に行けなかったので、かわりに劇場版を観た。
 ちょうど今、バンダイチャンネルで見放題なのだ。

 映画館で何度も見てる。DVDも買った。
 今回見るのは10回目くらいだ。
 だが10回目でも目を見張るほど面白い。
 最初から最後までノンストップで戦車が大暴れしてるし、わずかな日常パートも哀愁があって良いし、「戦争映画のようなシリアスな戦い」も「タイムボカンシリーズのようなコミカルな戦い」も両方味わえて、腹いっぱいだ。
 もっとすごいのが、何十人もいるキャラ全員に見せ場があって、魅力を味わえることである。
 このキャラはこういうキャラです、こういう過去があって、こうやって仲間になりました、みたいな説明が何にもないのに、それでもどんな奴かわかって魅力がビンビン伝わる。神業としかいいようがない。
 TV版や、最終章も、おもしろい作品だとは思うんだけど、この劇場版がとくにケタ違いに出来が良い。
 最終章は、劇場版とは対照的に、ガルパンらしくないスローペースなんだよね。
 サメさんチームが仲間になる話に20分も使ったりして。

 バンダイチャンネルで、アニメ「川柳少女」を見ています。
 「面白く」はないけど、ほんわかまったりと癒される。

 5・7・5の川柳にしないと言葉をしゃべれない少女・七々子の話。
 七々子が、文芸部の部長とか、部員の男の子・毒島エイジなんかと、ほんわかな日常生活を送って、恋愛する話。
 常に5・7・5でしゃべる子ってかなり変なのに、みんな変人扱いしなくて、優しい世界だね。
 「まったくしゃべれず、なんでも絵で描いて表現する子」まで出てくる。こっちも変人扱いされない。
 どんだけあったかい世界なのか……
 このアニメの世界にはイジメなんてないんだろうな。
 
 久々に、清楚な感じの花澤香菜ボイスが楽しめました。
 いつ以来だろ。

 あと、七々子と毒島エイジ、お前ら完全に相思相愛じゃん。
 つきあっちゃえよ、というか、すでにつきあってるな。
 つきあってるという自覚がないだけだ。

 アニメ「荒野のコトブキ飛行隊」の感想。

 第1話を見たときは「スゲエ!!」と思った。
 音響、浮遊感。なんという臨場感!
 戦闘機が発進するときに、方向舵とかフラップの動作を、いちいち確認するんだぜ。
 そんな細かい描写があるアニメみたことないよ。
 超リアル空戦アニメ! 最高!

 でも2話、3話、4話と見ていくうちに、「ウーン」ってなりました。

 「戦闘機の性能差・個性が描写されていない」という点がすごく気になる。
 第1話の隼vs零戦は、まあ同じような特性の機体だから、純粋に腕の勝負ということでよいでしょう。
 でも、2話で、隼vs飛燕の戦いがありましたよね?
 あれが納得できない。
 
 主人公たちが乗っている「隼」は、水平の旋回性能が特に俊敏だ。
 急降下とかは苦手。スピードが出せない。火力も弱い。
 いっぽう「飛燕」は、とにかく急降下性能がすぐれている。旋回はあまり早くない。火力はそこそこ強い。
 
 得意分野が正反対なんですよね。
 それなのに飛燕は自分の特性を生かした戦い方をやってない。
 一撃離脱に徹する。もし後ろを取られたら急降下する。そうすれば隼が追いつけるわけないのに、なんで旋回戦という隼の土俵で戦うんだろう??
 不思議で仕方なかった。
 
 2話以降で「疾風」や「紫電改」と戦うようになって、「なんで隼で、2倍のエンジンパワーを持つ機体相手に勝てるんだ?」と、さらに首を傾げた。
 もちろんエンジンパワーがすべてだとは言わないけど、でも2割3割ならともかく、2倍あれば七難隠す。
 よほど腕の差がないかぎり勝てないと思うんだけどなあ。
 敵が無能ってことにしないと筋が通らんのですよ。
 
 「機体の特性や性能差が描写されていない」ということに強いストレスをおぼえた。
 
 あと、キリエたちコトブキの面々が、なんのために戦っているのか、なんでこんなに強いのか、描写が乏しくて、感情移入しづらい。
 6話でようやくキリエの過去が明らかになった。遅いがな。

 世界設定にも不満がある。
 海が干上がって荒野ばかりになった世界なのに、なんで食べ物に不自由していないのか。
 地下水だけで、小麦とか牛肉とか生産できるのか?
 飛行機を作るには、膨大な電力を使ってアルミニウムを精錬しないといけない。膨大な電力をどうやって手に入れる?

 とまあ、不満が山ほどあって、「駄目だなあ」と思って、途中で一度、見るのやめたのです。

 でも……
 後半を一気に見て、「……盛り上がって面白いから良いか!」って気持ちになりました。
 何百機が入り乱れる大空戦。ビルや橋をかいくぐりながら戦う超スピーディなアクション。
 悪役イサオの名演。これが、グレンラガンのカミナと同じ声優だとは信じられん。子供のように無邪気で躁状態で、欲望のままに悪事をなす、こういうの良いなー。
 イサオが操る「震電」の格好良さ。
 震電がプガチョフ・コブラみたいな動きで大暴れするのは「無理無理w」って笑ったけど、でも「ボスにふさわしい圧倒的な強さ」。
 
 機体の特性とか性能差に関しても、ある程度は納得がいった。
 あの世界が「ユーハング(日本)」とつながったのは70年前だから、あの世界の飛行機は日本軍の戦闘機そのものではなく、70年間改良が加えられているのかもしれない。
 隼の性能も史実より向上して、疾風と大差ないのかもしれない。「富嶽」を作れる技術力があるのだから、太平洋戦争当時の常識で考えてはダメだ。

 とにかく、やっぱり、アニメが面白いかどうかは最後まで見ないとわからないね。


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/02 bahis]
[03/30 ますだじゅん]
[03/29 こうひんひろみ]
[03/23 ますだじゅん]
[03/23 ますだじゅん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析