ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

 篠原健太「彼方のアストラ」がアニメ化決定!!

 素晴らしい!

 この作品はほんとうに傑作だ。
 SFとしても面白いし、少年少女が絆を深め合う物語としても良いし、謎解きとしても、「ああ、そんなところに伏線が!」って新鮮な驚きを与えてくれるし、完璧だ!

 いま時間がないので、また明日以降書く!




 いま観てるアニメは「荒野のコトブキ飛行隊」「私に天使が舞い降りた!」です。
 ハードな空戦アニメと、ロリコンコメディアニメ。正反対ですね。

 「私に天使が舞い降りた!」、頭空っぽにして楽しめるから、とても良いです。
 でもさあ……
 主人公、こんなに「小さい女の子大好き」「小さい子にコスプレさせるのが趣味」「ひきこもり?」なのに……
 本人も女の子だからOKなのか……
 「美少女だけど中身がオタクのおっさん」みたいなキャラ、前からいましたけど、ここまでのアレなのは初めてみました。
 「妄想戦士ヤマモト」に出てくるレベルなのに!!

 声優が同じだから「現実世界の新条アカネ」「グリッドマン2期」みたいなこと言ってる人いますけど、ほんとうにそうだったら良いな、と思います。
 現実に戻ってきたアカネは、ロリコンで人見知りでキモがられているけど、でも幸せに生きています。いいじゃないか。
 六花がみたらドン引きすると思うけどねw

 コトブキ飛行隊については、また別に書きます。

 「ゾンビランドサガ」に関して、私は色々書いてきたが……

「ギャグとシリアスのバランスがスゴイ。ギャグとシリアスの相乗効果がスゴイ」
 
 全く同じことを何度も何度も書いてる……
 ボケ老人か!

 じっさい、あのギャグあってこそ、感動があった。
 ゾンビだから、アイドルだから、巽がいたから、さくらがいたから、リリィがいたから、サキがいたから……どの要素が欠けても、成り立たなかった。
(あえていうなら、ゆうぎりは比較的いらなかった)

 ゾンビランドサガは、いままでの人生がダメであってもあきらめないでがんばれ、という、言ってしまえば、すごい説教臭いテーマのアニメだ。
 それを説教臭くしないために、さまざまな工夫が凝らされている。
 ふつうの女子高生に言われても、私は、「ふん、お前たちは若くて可愛くて、未来があるから、なんとでも言えるさ」と反発しただろう。
 だからといって、現実の私みたいなブサメン中年を出して、がんばれって話をやっても……そんな醜い物みたくないし、すごいウザそうだ……
 可愛い女の子だけど、いちど人生終わってるゾンビだから。
 頑張れという説教はウザいということを、ちゃんと描いた上で、それでも一蓮托生の責任をもって、がんばれと言い続けるから。

 説教は感動になったのだ。

 しかし……
 ゾンビランドサガは確かに、「私はまだ終わってない。手も足も動くじゃないか。頑張って生きよう」という活力を与えてくれた。
 そのいっぽうで、私に厳しい選択を迫っている。
 
 私は今まで、つらいことがあるたびに、「この世界は本当の世界じゃない」「この世界はもうすぐ滅びる」ということを救いにしてきた。それこそ子供の頃からだ。
 この世界は本当の世界じゃない、というのはグノーシス主義。この世界が滅びるというのはハルマゲドン思想。
 特定の宗教に帰依したことはないが、「この世界は汚くて、ちっぽけで、くだらなくて、もうすぐ滅びるんだから。苦しみも、悲しみも、大したことじゃない」ということで救われてきた。
 具体的な話をすると、神様によって宇宙そのものが滅ぼされると思っているわけではなく、人工知能やら環境破壊やら天変地異によって人類文明が終わると考えている。そして人類文明など、宇宙全体から見ればほんの一瞬のことにすぎないと。
 おそらく人工知能だろう。いまの人類は虚しく滅び、人類には到底理解できない超知能をもつ機械たちが、自己改良と増殖を繰り返し、銀河に広がって帝国を築くのだ。かれらこそが真の人類であり、真の世界創造主。われわれは紛い物でしかなかったのだ。山本弘が「アイの物語」で描いた、胸のすくように爽快で、世にも美しいビジョンだ。
 
 世界が滅んだ後の「本当の世界」に転生・復活できるとは、思っちゃいないのだ。
 ただ単に、世界(人類社会)の価値を貶めることが救いなのだ。
 それによって、世界に含まれるすべての苦痛が軽くなるからだ。
 世界に含まれる喜びも軽くなるが、ささいなことだ。
 理解してもらえるだろうか?
 
 しかし、ゾンビランドサガは、世界の否定を否定する。
 徹頭徹尾、「その場所で頑張って生きていけ」という話だ。
 「ボロボロのまま前を向く 今だけがリアル」だ。
 ゾンビランドサガの救いと、「世界なんて下らない」の救いは全く相容れない。
 この作品が、ほんとうに刺さったというのなら。
 私は、いままで自分が救いだと思っていたものは救いではなかった、と、認めなければいけない。
 
 認めるべきなのだろうか。
 勇気が出ない。

 明日は休日!!
 クリスマスの時に1日休んでからずっと仕事だから2週間ぶりだな!
 しかもクリスマスの時は昼と夜を連続勤務したあとの休みだから、実質的に休んでないね!
 あしたは真の休みだ! 遅い遅い正月休みだ!

 おもいっきり朝寝坊するぞ―!!
 見たいアニメ、書きたい小説がたくさんあるが……

 きのう、とつぜん腕時計が行方不明になって困ってるんだよね。
 腕時計の捜索で1日潰れる気がする……
 まあ、部屋を掃除して、腐海を密林程度にするのも、立派な余暇の使い方だろう。


カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析