忍者ブログ
ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48]
 最近読んだ本。

 あすか正太「総理大臣のえる! 歴史を変える大勝利」スニーカー文庫
 「のえる」シリーズ9巻。完結篇。 
 2年ぶりに出た! さっそく買ってみると、最終巻にふさわしい超スケール。
 政治を題材にしたライトノベルはいくつかあるが、このシリーズはその中でもっとも娯楽性に富み、もっとも破天荒で荒唐無稽で、もっとも劇的で、もっともロマンチックだ。
 「小説って、こんな書き方をしてもいいものなのか!」と、いままで何度も蒙を啓かれた。今回ますます衝撃を受けた。
 日本がアメリカと戦う話はいくつかあるけど、こんな戦い方はじめて見た(笑)
 うーん。いいなあ。
 でもこの小説、よっぽど急いで書いたんですね。
 一ヶ所「ノア」が「サラ」になってたり、「血の果てるところまで星条旗を」とか、ケアレスミスが多い。ちょっと残念。
 この本を読んで、「え!? 国際連盟ってまだあったんだ!? 知らんかった!!」と真に受けたことは秘密です。

 三木原慧一「クリムゾンバーニング 合衆国解放I」C・NOVELS
 これもアメリカと戦う話です。バランスをとるために買いました。(なんだバランスって)
 このシリーズが出たのは3年ぶりなので、戦争の展開や人間関係をけっこう忘れていた。
 誰だっけコイツ。
 いままでのヤツを読み返して復習し、満を持して最新刊読んだ。
 うーん。大ボリュームなのに「どうなるんだ!」と引き込まれ、最後まで一気に読んだ。
 史実をなぞってるわけでも「名前が一緒なだけ」でもなくて、「史実を踏まえた上でパロディ的に作ってる」のが、つくづく三木原氏らしいと思った。
 戦争というマクロだけでなく、個人レベルの愛や復讐というミクロの戦いを必ず入れて、そっちを物語の原動力にしているので、普通の架空戦記とは違うワクワクがある。
 このまま一気に完結まで出して欲しい。

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5 6
8 9 10 12
15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 ますだ]
[05/12 家来]
[05/08 jessiecm1]
[05/04 ますだ]
[04/30 家来]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析