ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1160] [1159] [1158] [1157] [1156] [1155] [1154] [1153] [1152] [1151]

 森岡浩之「星界の戦旗」6が出たので、買って読みました。
 そんなバカな、出たのか。という感じ。

 星界シリーズ!
 1996年に始まったスペースオペラ小説。
 きっちり作りこまれた世界設定と、ユーモア溢れる会話で、当時はベストセラーになった!
 もしこれがたくさん出ていれば、銀英伝を超える人気を博し、スペースオペラこそライトノベルの本流になり、ライトノベルの歴史は全く違ったものになっていた! ……かもしれない。
 こんなにもったいない小説はない。
 もし作者が遅筆ですらなければ……

 星界の紋章1、2、3巻 1996年
 星界の戦旗1巻 1996年
 星界の戦旗2巻 1998年
 星界の戦旗3巻 2001年
 星界の戦旗4巻 2004年
 星界の戦旗5巻 2013年
 星界の戦旗6巻 2018年

 このスローペース……
 4と5の間なんて9年ですよ。
 この9年の間に、ハルヒが人気となり、ライトノベルが学園中心になり、その時代も終わり。
 エヴァ新劇が3本公開され。
 スマートホンが生まれ、リーマン・ショックがあり、大震災があり……時代が移り変わってしまった。

 面白いんですよ、少なくとも私は夢中で読んだんですよ。

 遠い未来、宇宙探査用に創りだされた、不老長寿の人工生命「アーヴ」は巨大な帝国を築き、銀河の半分を支配していた。しかし人工生命に統治されることを望まない人々もたくさんいて、「人類統合体」などの国家を築いて対抗していた。
 主人公の少年「ジント」は、地上人(アーヴではない、普通の人間)でありながら、数奇な運命によってアーヴ貴族となってしまった。
 肉体的にはまったくアーヴじゃないのに社会的にはアーヴのエリート。地上人からもアーヴからも白い目で見られる立場に困っていた。
 ジントは一人前の貴族になるため学校に向かい、迎えに来たアーヴの王女「ラフィール」と運命的な出会いを果たす。
 まさにその時、「人類統合体」がアーヴ帝国に侵攻。銀河大戦が始まってしまう。
 ジントとラフィールは、的に占領された惑星で必死にサバイバルする……
 SFであり、サスペンスであり、ドタバタコメディとしても一級品!!

 というのが、シリーズの一番最初、「星界の紋章」。
 このときだけは筆が速く、矢継ぎ早に3冊出た。

 続編の「星界の戦旗」は、軍人になったラフィールとジントが、軍艦に乗って「人類統合体」に立ち向かう物語。アーヴ帝国内部の情勢も細かく描かれ、果たしてラフィールは皇帝になれるのか、皇族として勝ち残れるのか、というのも大きな問題になる。
 そして、ジントとラフィールの関係の変化。
 肉体的にはアーヴではなく、自分は本当にアーヴなのか疑問を抱いてきたジント。
 だが、戦旗3巻で、故郷の人々と対峙した時、彼はついに覚悟を決める。
 裏切り者と言われても、まがい物と言われても、それでもアーヴとして生きる。
 帝国のためでも、自分のためでもなく、愛するラフィールのために。
 
 このへんはすごく良かった。
 
 で、人間ドラマ面では3巻でだいたいキッチリまとまったのです。
 その後の4巻5巻では、戦争面での大きな出来事が起こります。
 有利に戦争を進めてきた「アーヴ帝国」ですが、中立のままだった仮想敵国「ハニア連邦」が偽装降伏で帝国を騙し、その隙をついて帝都を奇襲! 戦局がひっくり返りました。
 5巻では絶望的な防衛戦。ラフィールは帝都を守るために戦いたいと願いますが、下された命令は、「帝国宝物」と呼ばれるものを運び出すことでした。アーヴにとってもっとも大切な、宗教的な価値を持つものを持って逃げろと。それがあれば皇帝が死んでも帝国は復興できる……!
 ラフィールは涙をのんで命令を遂行します。
 帝国宝物は守られましたが、帝都は陥落、皇帝も戦死、強大だったアーヴ帝国は領土の半分を失いました。
 まさに絶体絶命の状態で、5巻は終わります。 
 そして作者が「第一部完」って言いました。
 これはもう……出ないよな。
 諦めよう。
 そもそも4巻~5巻が9年あり、僕なんてここで「もう出ない。忘れよう」と諦めていました。
 そのうえ第一部巻って言われたらね。

 ところが出たんですよ! 続きが! 6巻が!

 肝心の内容ですが。
 帝都陥落から10年たちました。
 劣勢ではありますが、敵の足並みが乱れ、戦力も消耗しきっているため、なんとかアーヴ帝国は滅亡を免れています。
 皇族の大部分が戦死したため、皇太子・帝国元帥となって強大な艦隊を率いるラフィールの闘い。
 えんえんと、闘い……
 人間ドラマやユーモアの部分は、ゼロではないが、極限まで削られている。
 もっと軽口の叩き合いを読みたかったな……
 とくにスポールから機雷ぶんどってくるあたり。

 戦争ばかりで読むのがつかれた。もっと人間ドラマを描いてほしい。
 間が開きすぎて、登場人物の大部分を忘れている。お前誰だっけ?

 このふたつが感想ですね。
 6巻単独では、はっきりいってつまらなかったんですが、「これまでの話を読み返してみよう」という気分にはなりました。
 っていうか、こんなに間が開いても出版してくれるなんて、読んでくれる読者がいるなんて。
 森岡浩之は幸せもんですよ。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析