ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150]
 なんでも、ガンダム30周年企画ということで新しいガンダム作品が作られるそうですね。テレビアニメなのかOVAなのかもまだ分からないようですが。
 ガンダム7号機を主役メカとした作品で、1年戦争の終戦直後、ジオンの残党と戦う連邦の特殊部隊が……
 えー。
 えらい地味な話だなあ。
 戦争直後なんて、大きな事件起こせないじゃないか、その後の0083とかと矛盾するから。戦争直後の時点でジオン残党が大暴れしちゃったら、「なんで連邦は何も学んでないの? なんでデラーズフリートに対して警戒してなかったの? バカなの? 死ぬの?」とか言われちゃう。
 ジオンの残党は全部でいくつあるんかい、ちゃんと連携せんかい、というツッコミも出てくるし。
 いや、でも、矛盾に見えるものを後付け設定の嵐で何とかしてきたのがガンダムだ。
 これはこれで。
 やっぱガンダムはジオン軍だよな、と思ってる私のような年寄りオタクは、きっとこの作品を観る。
 でも、
 10周年記念作品 0080ポケットの中の戦争(これ10周年企画ですよね?)
 20周年記念作品 ターンエーガンダム
 と比べちゃうと地味だよなあ、もっとはっちゃけようよ、とは言いたくなる。

 0080。
 これはすごい作品です。
 ガンダム史上初めてのOVAであり、はじめてジオン側をメインに扱った作品であり、そして……「究極の反戦ガンダム」。
 ガンダムシリーズは「戦争は愚かだ」と言いつつも、戦争やモビルスーツを英雄的に、爽快に描いてきた。
 しかし0080は違う。「ジオンの少年兵」「彼と友達になる民間人の子供」という視点から描かれた戦争は……美化しようもない残酷と不条理だ。
 「目を逸らすな、ガンダム世界で起こっているのはパレスチナやアフガンで起こっていることと何も変わらないことなのだ」と静かに、しかし断固たる意志をもって語っている。
 このシリーズを観ながら、私は泣いた。
 そして、最後の最後まで見たとき、あまりにドス黒いメッセージに胸を貫かれた。ネタバレになるから書かないが、子供が兵器をカッコイイと思う無邪気な心が、時には残酷にもなるという……そういうラストなのだ。
 あまりに「反戦映画として誠実」であったが故に、
 「ガンダムの英雄性」を完全に否定し、
 「ロボットアニメであること」すら否定して、
 こういう路線のガンダムは二度と作られなかった
という……
 
 ターンエーガンダム。
 これも違う意味で凄い。
 シド・ミードのあまりにブッ飛んだデザインといい、「1万年くらいの超未来、ガンダムシリーズの人類文明がリセットされた後」を舞台にしていることといい……


 『∀ガンダム』では、既に滅んだ太古の宇宙文明時代に数千年~1万年前後の永きに渡って繰り返されていた数々の宇宙戦争の歴史を「黒歴史」と呼んでいる。ガンダムシリーズで描かれた物語はほぼ全てがそこに含まれている。

∀ガンダムによって地球圏全土にばら撒かれた「月光蝶」なるナノマシンの効果により、人類の文明は崩壊し、有史以前のレベルまでリセットされた。そのような事態を招いた経緯には多くの謎が残されており、詳細は判明していない。

『∀』劇中はこの月光蝶の厄災から復興し、2000年余りの時間をかけ、ある程度の生活・文明レベルを取り戻した正暦の時代の物語である。

 (wikipediaの「黒歴史」より引用)

 こんな設定だよ! 
 ここまで壮大で極端なガンダムはもう作られないんじゃないかな、という。
 私も最初にターンエーのヒゲ面を見たときには「ぶはー!w」と笑ったが、その後で考えが変わった。
 「間違い探しみたいな細部の変更をするより、このくらい極端なほうがいいかもしれない」
 「俺が率先してはっちゃけるから、若い奴も枠を無視して自由にやれ、というトミノ監督の意志の表れかも」。
 今ではこんなことを考えている。第一印象だけで判断した私がバカだった。

 だから……比較すると……
 舞台は1年戦争直後、主役メカはガンダム7号機、敵はジオンの残党……
 うーん……うーん……
 保守的だー!

 じゃあ、どんなのならいいのか?
 個人的な好みでは、「ニュータイプ」というネタをはっきりさせて欲しい。
 ガンダム世界のニュータイプというのはどんな存在で、何が出来て何が出来ないのか、旧人類より優れているというのは本当か、旧人類と共存可能なのか、みたいな問題を突き詰めて一本作って欲しい。
 今までの宇宙世紀ガンダムと矛盾せずにニュータイプを描ききろうと思ったら、宇宙世紀300年とかの遠未来を舞台にせざると得ないだろうが……
 それって単なる超能力SF・人類進化テーマSFであってガンダムじゃないじゃん? とか言われるかもしれないが……
 でも、見たい。
 「ニュータイプは宇宙空間に適応した洞察力が優れた人間のことである」はずなのに死者の霊と交信したり、サイコフレームを共振させて巨大な小惑星を宇宙に推し戻しちゃうような、「なんでもあり」のニュータイプでは、なんだかモヤモヤする。世界観の底が抜けているようで。
 徹底的にミリタリーに振ったガンダムがあるんだからSF的にニュータイプを突き詰めたガンダムがあってもいい!

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/11 ますだじゅん]
[09/11 ますだじゅん]
[09/10 ますだじゅん]
[09/09 村井]
[08/30 Rosaliehougs]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析