ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152]
 私が通っている健康ランドの更衣室で、男の子二人の会話を耳に挟んだ。
 声しか聞いていないので年齢は不明だが、たぶん小学生だろう。

 男の子A「アイス喰いてー」
 男の子B「売ってんじゃん、買えばいいじゃん」
 男の子A「もっと牛乳っぽい、まろやかーなのが食いてえんだよ!」
 男の子B「乳脂肪分が高いってこと? 5.0パーセントじゃなくて12パーセントpとか」
 男の子A「それだよそれ! 難しい言葉しってんじゃん。牛乳っぽいと、なんかチーズケーキ喰ったときみたいに、口んなかにふわーっと広がって溶けて、うめえんだよ! 12パーセントであんだけ美味いんだから100パーセントになるとすごいだろうな! 100パーセントのアイス喰いてえな!」
 男の子B「ねえよそんなもん」
 男の子A「なんでねえんだよ? 絶対だな? 絶対ないな?」
 男の子B「絶対ないよ。
 だって牛乳100パーセントのアイスって……(絶妙の間)……それ牛乳じゃん!」

 私は噴きだした。
 当たり前のことを当たり前に言っているだけなのに、なぜか笑える。
 そして、笑った後に怖くなる。
 まるで驚愕の真実を告げられたような気にもなる。
 この感覚は、あの外山恒一の(都知事選挙のときの)政見放送を聞いたときと同じだ。

 「我々少数派にとって選挙ほどバカバカしいものはない!
 多数決で決めれば多数派が勝つに決まってるじゃないか!」

 
 これを聞いたときも最初は笑い、そして恐ろしくなったものだ。
 そう言えばそうだな……
 すべての人間を幸福に出来るシステムも政策もないということを、つまりこの世のすべての政策は「程度の差」でしかないことを、世の中について語る者は忘れてはいけないんだ……

 私は最近、「革命」だけは違うと思っていた。
 革命家はすべての人間を幸福にしようと、全人類を救おうとしてきたのだと信じてきた。
 ただ能力が足りなくて全員は救えず、涙を呑んで切り捨てただけだと。
 ロベスピエールも、レーニンも、カストロも、連合赤軍でさえ、本心のところでは全員の幸福を意図していたのだと思っていた。
 だがそうではなく、まったく逆で、「こいつらは悪で、俺達が苦しんでいるのは全部こいつらのせいで、こいつらは殺してもいいんだ」と「殺してもいい人間を選別する」のが「革命の本質」なのかもしれない。能力不足ではなく、最初っからそういうものなのだと。
 認識が切り替わる決定的な瞬間があったのだ。

 ……なんで牛乳100パーセントからこんな話になったんだろ?

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/11 ますだじゅん]
[09/11 ますだじゅん]
[09/10 ますだじゅん]
[09/09 村井]
[08/30 Rosaliehougs]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析