忍者ブログ
ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107]
 野村美月の「文学少女」シリーズを最後まで読んだ。
 「文学少女と繋がれた愚者」というタイトルの美しさが気になって読み始めた。
 読んだ後に気づいたが、「繋がれた愚者」は1巻でなく3巻だった。ばっかじゃーん。

 恋愛小説+青春小説+微妙にミステリーみたいな、わたしが滅多に読まないジャンルの本。書店でこの小説を手に取ってるのは女の子が多い。このイラストだもんなあ。
 面白かった。「楽しいか?」って言われると「むしろ苦しい、読むのが辛い、切ない」んだけど、でも引き込まれて最後まで一気に読んだ。
 全体としては、

 「かつて天才作家だった主人公が好きな女の子の自殺未遂で傷つき、小説が書けなくなり、文学少女・遠子先輩に助けられて、また作家になる」
 
 という話。
 その「助けられて」の部分が8冊もあって、すごくきめ細かい。
 っていうか、「助けられて作家になる」はバックグラウンドで鳴り続けていた音楽のようなもの。
 表面上はミステリ仕立てで、主人公と先輩が「さまざまな事件を解決してゆく」。

 8冊の間、主人公の周りではさまざまな出来事が起こる。
 さまざまな絶望や罪を背負った人が現れる。

 自分には人間らしい心がないんだ、という女の子。
 自分は友達を裏切ってしまった、という少年と少女。
 「家」に囚われた少女。
 自分をえぐるように、苛烈な小説を書き続ける女。
 
 彼らが、遠子先輩の文学愛によってトラウマを解体され、主人公の体当たり的な頑張りによって癒され、再び未来へと歩き出していく。
 その繰り返しの中で、主人公も変わっていったのだろう。
 物語への愛を思い出したのだろう。人が人に思いを届けることの凄さを再確認したんだろう。
 だから主人公は最後の最後で、「もう小説なんて書かなくていいんだよ」という女の子を振り切り、人並みの家庭的な幸せを捨て、あえて一人の道を進み始めたのだろう。

 ……あらすじを説明するのが難しい。
 このシリーズが面白かったのであらすじに分解しているんだけど、これが本当に、抽象化しづらい……

 でも面白かったんだけど、唯一疑問だったのは、「犯罪がスルーされすぎ」。
 通俗的な言葉を使うと「ヤンデレ大行進」の話だから、レイプ未遂とか殺人未遂とか万引きとか、そういうことをやる奴が何人も出てくるけど。
 法的な処罰を誰も受けねえ(笑)。
 いくら心の傷があったから仕方ないといっても、罪を犯した本人も苦しむといっても、やはり法の裁きはあってしかるべきだと思うんだけど。
 とくに最終巻の竹田さん! あなたが無罪放免はおかしいっしょ。
 東京拘置所の狭き門をくぐるべし!
 大丈夫、きっと彼氏は待ってる。
 っていうか彼氏のほうも入れ!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5 6
8 9 10 12
15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 ますだ]
[05/12 家来]
[05/08 jessiecm1]
[05/04 ますだ]
[04/30 家来]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析