ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1235] [1234] [1233] [1232] [1231] [1230] [1229] [1228] [1227] [1226] [1225]

神野オキナ「カミカゼの邦」という小説を読んだ。
 アクション小説……? バイオレンス小説? ミリタリー小説?
 
 近未来の日本を舞台にした、激しい戦いの話です。

 たぶん2020年代だと思うんですが、日本と中国の間に戦争が起こってしまいます。
 沖縄がすさまじい攻撃にされされ、大勢の人が死にますが、東京などには戦火が及ばず、5か月ほどで休戦しました。
 主人公は沖縄に住む混血の男で、戦争中に義勇軍に参加し、死闘を潜り抜けてきました。
 戦後は東京にやってきますが、平和な東京にはなじめないものを感じていました。
 あるとき、もと戦友から「危ない仕事をやってカネを稼がないか?」と誘われます。
 興味をもったとたん、戦友は謎の勢力に殺されてしまいました。
 何者が殺したのか? いったいなんのために殺したのか? 戦友の仇をとらねば……
 たった一人で戦いをはじめた主人公。
 戦いを続けるうちに、いろいろな諜報機関や殺し屋を敵に回し、命を狙われる。
 降りかかる火の粉を払っているうちに、恐るべき敵の正体が明らかになってくる。

 「紙の虎」という男が作り出した、全く新しい形態のテロ組織「貧侠」。 
 そいつらは二重三重の策略をめぐらし、原発をぶっ飛ばして日本を滅ぼそうとしている。
 「紙の虎」を倒すため、戦時中の仲間たちが集結し、日本の命運をかけた大決戦だ!

 銃、爆発物、刀剣を駆使し、ひたすら戦いまくり、殺しまくる話で、非常に殺伐として、しかもレイプシーンとかSMシーンとかもあって……
 いやあ、最近こういうの読んでなかったから、血と精液の臭いに、むせかえりました。

 悲しい話でもありますね。 
 殺しまくりの話なんだけど、悪い奴を次々に殺していくのにスカッとしないんですよ。戦えば戦うほど悲しい。ヒャッハー感がないというか。
 殺人・戦闘をかっこいいものとして描いておらず、「戦場を生きるために、どうしてもやらざるを得なかった、身につけざるを得なかった力」として、むなしいものとして描いている。
 主人公はレイプはやらないけど、でもそれは紙一重の差であって、戦場では多くの人を殺してきた、外道に近い存在であると、なんども描写されているから。
 獣に襲われたら、獣の流儀でやり返さないと終わらないのだ、と書かれている。

 沖縄だけを犠牲にする日本人、への怒りも描かれている。
 反戦平和を語る左翼も、愛国心を語る右翼も、現場で血を流してきた俺たちのことなどわかっていない、という絶望。
 いっそ東京も戦場になるべきなんだ、そうすれば思い知るだろう、というほどの怒り。
 主人公は「紙の虎」のテロリズムに共感を示しつつ、それでも友の仇をとるため、沖縄復興のために、あえて日本を守るのだ。
 そのギリギリ感がいい。
 徹底的に痛めつけられた男が、世界を壊す側になりそうで、踏みとどまり、最後のひとかけらのプライドをよりどころにして、世界を救う。

 かっこよかった。

 でも、この戦いのあと、主人公はどうするんだろう。
 戦友たちは、ほとんど死んでしまった。
 今度おなじことがあったとき、主人公は、日本を救う側に立つだろうか?
 愛する女ができたから、そのために戦うのかな。

 「貧侠」というテロ組織のアイディアも面白かった。

 ただ気になったのは、「スティンガーミサイルで戦車を破壊する」という記述があったこと。
 スティンガーって対空ミサイルですよね?

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/02 bahis]
[03/30 ますだじゅん]
[03/29 こうひんひろみ]
[03/23 ますだじゅん]
[03/23 ますだじゅん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析