忍者ブログ
ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86]
 具合が悪くなって寝込んでいた。
 きのうの夜9時ごろに帰ってきて、そのままバッタリ。
 朝4時ごろに起きて、しばらく本を読んで、また寝る。
 11時ごろに起きて、しばらく本を読んで、また寝る。
 15時ごろに起きて、しばらく本を読んで、また寝る。
 19時ごろに起きて、現在にいたる。
 やっと外出できる程度になった。
 すごいな、これだけ寝てるのにまだ眠い。
 今日はほとんど布団の中で過ごした。

 睡眠と睡眠の合間に読んでいた本とは、本田透「イマジン」角川スニーカー文庫。
 か、感動した。
 本田透って、こんな感動的な話を、うっうっ、書ける人だったなんて。特に2巻!
 「人でなしの恋」というサブタイトルを見た瞬間にビビッときたけど、このビビッは正しかった。胸をしめつけられるほどに美しい話だった。
 熱を出しながら読むと、登場人物の切ない思いが数倍強く伝わってくるから、もうね……
 近未来の学園で、「他人に関わりたくない」少年の主人公が、強引な女の子達によって「イマジン(異端審問部)」にひきずりこまれて、ブーブー言いつつも一緒に活動する話なんだけど。
 この世界では「心に傷を負ったりして現実逃避したくなると、魔女と呼ばれる超能力者的な存在になる」。魔女は憎悪なり嫉妬なり、暗い想念のおもむくままに力を行使するから、イマジンは魔女を発見して祓わなければいけない。
 で、登場人物みんなが危うい。魔女達だけでなくイマジンの女の子達も、主人公も、壊れそうな鬱屈や暗い過去を過去を抱えて、なんとかこっちの世界に踏みとどまっている。
 そのギリギリの踏みとどまり方に胸をえぐられた。
 
 魔女たちが安易に「こんなに憎いから、こんなに愛してるから」といって暴走するのに対して、主人公サイドは「想い」に対して懐疑的です。恋も愛も友情も、憎しみさえも、偽物なんじゃないか自己欺瞞なんじゃないかと疑いまくる。
 その疑いが、結果として主人公サイドを救うんだけど、それでも疑いきれない、人間だから情念に身を任せてしまいたくなる、というあたりが……ああ言葉で説明できねえ!
 ドス黒いギャグも満載で、オススメです。
 
 2巻はひさびさに泣きながら読んだ。
 ライトノベルで泣いたのは岡崎裕信「フレイアになりたい」以来だ。
 物語とはこんなに良いものだったのか。
 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 24 25
26 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析