忍者ブログ
ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[78] [77] [76] [75] [74] [73] [71] [70] [69] [68] [67]
 映画を観た。
 「実録・連合赤軍」。
 「なぜか若い人が観ている」と噂に聞いていたが、そのとおりで、客の平均年齢はたぶん20代。いわゆる「全共闘世代」なんて数えるほどしかいなかった。
 目を覆いたくなる、悲惨で重苦しい映画だった。
 しかし観てよかった。「やはりそうか」と思った。
 連合赤軍が結成され、あさま山荘で壊滅するまでを、現場にいた人間の証言をもとに取材した、まさに実録。連合赤軍を扱った映画とかマンガはすでにあるが、人物の名前を変えていたり(山本直樹「レッド」)、「連合赤軍をモデルにした架空の組織」(立松和平「光の雨」)だったりする。
 だから、これがいちばん事実に忠実な映画化、なのだと思う。異論がこれから出ない限り。
 監督は左翼シンパだから美化して描くのかな、と思ったけどまったくそんなことはなくて、この映画の中の連合赤軍はまったく美しくない。身の毛もよだつ。
 なにしろリンチ映画だ。
 190分もある超長い映画の、実に半分くらいが、「総括シーン」だ。
 山の中を逃げ回りながら、「お前は化粧をしたから反革命だ! 風呂に入ったからダメだ!」とか訳の分からない理由で仲間を次々に殺していく、あの悪名高い総括。
 それがもう、何十分も何十分も続いて……
 リーダーである森と永田の「自己批判を要求する!」「ぜんぜん総括ができていない!」という鬼気迫る叫び(森役の演技はすさまじい迫力だった)が発されるたび、メンバーは涙声で自分を批判し、謝罪し、殴られて、ついに殺されていく。一人、また一人。
 あまりに暗い展開ばかり続くので、わずかに残ったメンバーがあさま山荘で銃撃戦をやるあたりで、「やっと戦えるぜー!」と、すがすがしい解放感すら感じてしまった。(「やっと戦える!」は彼らの思いそのものだろう。こういう危険な感情移入があり得る映画なのだ)
 で。
 総括シーンの最中ずっと、映画館のあちこちからクスクス笑いが聞こえていた。
 最初、空耳かと思ったが、確かに笑っている。

 「キサマは何々をどう総括するつもりだ!」「はい、わたしは革命戦士として生まれかわり……」
 クスクスッ
 「そうじゃない! 総括とはもっと主体的なものだぁ! ぜんぜん総括ができていないッ!」
 「そんなことで自己を共産主義化できると思ってるのォ!?」
 プププッ

 こんな感じで。
 うーん、何を笑うのだろう。
 あまりに現代の感覚とかけ離れたことを、目を血走らせて叫んでいるから、そのギャップが滑稽?
 「いわゆる電波系」を見たときの笑い?
 なぜだ……? なぜ笑える?
 あなたにとって、この映画はフィクションか?
 あなたの現実と関係ない、安全な殺人か?


 わたしは恐ろしかった。
 「彼らの異常さ」が恐ろしかったのではない。
 見た事ある、これ知ってる、だから怖かったのだ。
 皮膚感覚的に、知ってる!
 わたしが学校で経験したイジメと酷似している。
 「お前にはナニナニが足りない!」「ナニナニとは何か、自分で考えろ!」「反省しろ」「謝れ、土下座しろ」と罵倒され、暴力と性的辱めを連日加えられる……しかも加害者は「俺達は教育してやってるんだ」と悪びれもしない。いままでイジメられていた者が、ある日イジメ側に加わる。そうしないと脱出できないからだ。
 ある日、気づくのだ。自分を苦しめているのは「空気」だと。
 「イジメに参加しないものは裏切り者だからイジメられて当然」という空気が、その場所に充満しているのだ!
 はっきりいってしまうと、イジメに限った話じゃなくて、体育会系の「シゴキ」が過激化するとこうなるだろう。会社でも、こういうところがあると聞く。だから自殺していくんだ。
 この映画を観てはっきりわかった。連合赤軍は「洗脳された殺人マシン」じゃない。異常な人たちではない。「人間」だ。ときには楽しくドラム缶風呂で談笑し、顔の良い奴に嫉妬する、ただの人間だ。
 人は潜在的に連合赤軍であり、みんな、ああなり得るのだ。わたしもだ。弱いものを救うために立ち上がったはずの彼らが、現実には弱者を踏みにじり続けたように、わたしもだ。
 彼らはおぞましかった。だが誰が彼らを笑えるのか。
 我らが内なる連合赤軍をどうやって抑制するか、考え続けるべきなのだ。
PR

コメント
無題
 今さらなのですが、一昨日、この映画を見たという人に会いました。その人が見た映画館では、お客さんはみな引き攣ってたそうですよ。
 誰も笑ってはいなかったんですって。
 いや、私は笑う人の気持ちもわかるんです。実体験がないと、他人を追い詰める言葉って滑稽なんですよね。
 でも、笑える内容ではないし、やはり、笑わない人達も居る、ということが、何か、ホッとする要素になればと思って書き込みに来ました。
【2008/07/21 17:11】 NAME[ぼこしゅう] WEBLINK[] EDIT[]
無題
>ぼこしゅうさん
 コメントありがとうございます。
 おお、そういう方もやっぱりいらっしゃいますよね。
 ネット上で感想を見ると「観客が笑ってた!」などという記事はほとんど見当たりません。どうも、わたしが体験したのが例外だったようです。
【2008/07/24 00:16】 NAME[ますだ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5 6
8 9 10 12
15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 ますだ]
[05/12 家来]
[05/08 jessiecm1]
[05/04 ますだ]
[04/30 家来]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析