忍者ブログ
ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[74] [73] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63]
 そんなわけで、行ってきましたキャンドルマーチ。

 


 参加者は300人くらい? 200人までは数えました。
 ロウソクとチベット旗を持って、反戦歌を(小さな声で)歌いながら渋谷の町を歩いていくという……まあ、デモといえばデモの一種なんですが、すごくおとなしいデモでした。
 私が知ってるデモといえば、みんなでプラカード持ってタイコをドカドカやって、「沖縄からァ、米軍はァ、出て行けェーッ!(ここで数百人が一斉に『出て行けーっ!』」とか「石油のために血を流すな! NO BLOOD FOR OIL!」とか、そういうスローガン絶叫系のものです。
 今日のはぜんぜん違う。叫ぶ人はほとんどいない。
 主役である在日チベット人の演説も、紳士的。中国を罵ったりしない。
 今回のは「抗議」じゃなくて「追悼」が主な目的だからなのか。
 それとも団体の性格が違うのか。
 怒声をあげると嫌悪される、という判断なのか。
 静かにデモ(キャンドルマーチ)は終わって、代々木公園に移動。
 こっちについてきたのは100人くらいか。
 噴水の周りにキャンドルを並べました。
 チベットの人たちがここで追悼のためお経を上げるのです。わたしたちは手を合わせて見てるだけ。
 うーん、ずらり並んだキャンドルって美しい。

 


 お経をあげ終わったあとは、チベット人代表から感謝の言葉があって、主催者から一言あって。
 あとはそのまま解散。
 最後まで、誰一人泣かず、声を荒げず、落ち着いていました。わたしの感覚だと珍しいことです。
 主催者に話を聞いてみたんですが、やっぱり「シュプレヒコールを上げて中国を罵るような、デモらしいデモにすると引かれるし、争いを煽っていると報道されると困る」って言ってました。

 いろいろ考えているのだな、と感慨深かったです。
 わたしが知ってるデモは、「まず思想(米軍が悪い、原発は危険だ)」があって、そこに参加者をはめ込んでいくような感じですが、今回のは「人間がいて、その人間を思いやることが大事で、思想はどうでもいい」みたいな。
 こういう形の活動もあり得るのだな、と……
 まあとにかく、少しでも世論を動かせることを願って。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6 7
8 9 11 12 14
17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/20 NONAME]
[10/19 ますだ]
[10/19 WilliamWeill]
[10/16 わあ。]
[10/16 ますだ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析