忍者ブログ
ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[552] [551] [550] [549] [548] [547] [546] [545] [544] [543] [542]
こないだ、ネットでこんな記事を見かけたんですよ。

 「カラオケに誘われた時、オタクであることを隠すためには何を歌えばよいか? アニメソングはどこまでならオタクとして認定されないか?」

 いまちょうど忘年会シーズンだし、同じ事で悩んでいる人は大勢いるでしょうね。
 うーん、隠すことないのになあ、と思いました。
 っていうか、隠しきれるものではないですよ。
 私も昔、バイク便時代に集団でカラオケ誘われた時、なんとか隠して誤魔化そうとしたんですよ。オタク認定されたら面倒さくいと思っていたから。

 某「そもそもお前、アニメとか特撮以外の歌は知らないんじゃないの?」
 ますだ「そんなことないですよ。筋肉少女帯とZABADAKと徳永英明だったら歌える」
 某「何だその組み合わせ!? どういう趣味!?」
 
 ところがですよ。他のバイク便のみんながモーニング娘。とか浜田省吾とか長渕剛とか歌ってるのに、ひとりオタクのオジサンがいて

 「科学戦隊ダイナマンの歌」
 
 を歌い出したんですよ!
 なんという勇者だ、というか、空気の読めない人だと言うか。

 当然、みんなは戦隊なんか知らないからポカーンですよ。
 ポカーンとされても、その人はダイナマンを熱唱するんですよ。

 なんだか応援したくなって、血が騒いで、手拍子を入れたんですよ。入れたくなっちゃったんですよ。
 
 すると歌い終わったあと、彼は私のもとに走ってきて、私の肩をガッシを掴み、興奮の極みという声で、

「き、き、君ぃ!!! 特撮とか好きなのかい!?」
「はい、まあ多少は……」
「よし一緒に歌おう! 戦隊では何が好きなんだ?」
「メガレンジャー(即答)」
「あんな最近のチャラチャラしたのはダメだ! 男ならゴーグルファイブだ!」
「えー、ゴーグルファイブは歌詞が軍歌みたいだから趣味じゃないんですが」
「じゃあ間を取ってライブマンでどうだ!」
「ライブマン! いいですね! あれはドラマチックでいい!」

 こうして一緒に戦隊の歌を歌い、アニメの歌も歌い、すっかり私はオタクとして認知され。
 その後、バイク便の仲間と一緒にカラオケ行くと
「ますだの分、入れといてやったぞ」
 などと、「飛べ! ガンダム」とか歌わされることになりました。
 アニソンならアニソンでもいいけど、俺らが知ってるやつじゃないとダメ、盛り上がれないから、ということでガンダムなんでしょう。

 職場でオタクキャラとして認知されるのは楽なものでした。
 でも「オタクだったらこのアニメも当然知ってるよね?」という期待をかけられるので、当時は雑誌を隅から隅まで読み込んで勉強していました。ある意味、充実した毎日でしたよ。
 いまは向学心がなくなり、ほんとうに興味のあるアニメしか見なくなったなあ。
 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[12/05 ますだ]
[12/04 わあ。]
[12/01 joeba11]
[11/27 Davidhealo]
[11/26 charmaineys18]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析