ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
 書道団体の理事長が、アニメイトで女児の下着を盗撮したそうですね。

 以下転載

 女児のスカートの中を盗撮したとして、警視庁渋谷署は19日までに、東京都迷惑防止条例違反の疑いで、
国際書道文化交流協会理事長、上野晃容疑者(41)=千葉県浦安市北栄=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は17日午後3時ごろ、東京都渋谷区宇田川町の「アニメイト渋谷店」で、
10代女児のスカートの中を財布に仕掛けた小型カメラで盗撮した疑い。

 渋谷署によると、盗撮を目撃した20代の男性が取り押さえた。
上野容疑者は「撮ったことは間違いない」と供述しているという。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131119/crm13111914260011-n1.htm
 
 転載終了

 41歳で理事長ってすごくない?
 よほど実績があるのか、金正恩なみの世襲制なのか。
 そんな大物が性犯罪を犯して逮捕された、というのは重大なことです。
 私はこの件が、他のマスコミでどのように報道されるのか気になります。
 でもきっと、「書道団体という責任ある立場の人が、何故?」で終わるんだろうな。
 ちげぇだろ!
 アニメ好きやゲーム好きが犯罪を犯した時は「ゲームのせい、アニメのせい」って言うんだから、書道のせいに決まってるだろう、平等に叩けよ! 「書道脳」は危険なんだよ、きっと脳幹がアレしたんだよ、心の闇がー!
 俺は書道に恨みがあるので鬼の首をとったように卑しくヒャッハーするぞ!

 スポーツマンが犯罪やったときも、スポーツのお陰で精神がおかしくなって犯罪破ったに違いないと、誰一人言わない! なんでお前らは不当に保護されているのかと、ハラワタが煮えくり返る。
 もちろん、「スポーツに対しても、アニメやゲームに対しても、インターネットやマンガに対しても、非科学的なレッテル貼りをしない、因果関係があると決めつけない」それが一番理想的なんですけどね!
 どんな対象でもそれを貫いてくれるならね。
 貫けないなら、みんな罪悪視しろ。
 すべての文化は有害たりえる。
 なぜアニメやゲームに関しては結論ありきで理屈をねじ曲げ、口を極めて罵倒し、なぜスポーツに関しては疑いすら持たないのか。
 なぜスポーツや書道は人格と高めてくれるなどと、信仰されているのか。
 いちど、「本当に人格を高めるのか」「むしろ人間精神への有害性はないのか」徹底的に調べて欲しいよ。
 アニメやゲーム程度の「有害性」は、あるに違いないと確信している。

 
 表現規制反対運動と言えばさー。

 ネットで(2chライトノベル板で)、表現規制関連の話をしている人がいたんですよ。

 「ラノベの感想・評論サイト」スレより引用。

189 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 01:36:08.50 ID:GGz52bhB
>>183みたいな阿呆極まりない発言をぬけぬけとできるID:4sPiP7q3は
ラノベ読んでるような二次元オタの分際で児ポや都条例に何の関心も払ってないんだな

極めて身近な、趣味にまで迫る危機に何の関心も払わない奴が、上から目線で政治を語るのか?
政治とは雲の上で行われるバトルであって自分とは全く無縁のものだとでも思っているのか?
堤に大穴ぶち開けられて、死者出しながら必死に土嚢積んでる状態だぜ?
それを全く見もせずに、表現の自由がー!アリの一穴からダムが崩れるのだキリッ!て言ってニーメラー?
ちゃんちゃらおかしいわ

ニーメラーの詩で言えばさ
ID:4sPiP7q3は、ついに教会が焼かれてから
「まだ現実的な危機はどこにもないが、蟻の一穴から共産党への迫害が起きるかもしれない。俺だけは危機意識を持っている」
って言ってる共産党員みたいなもんだ


 193 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 07:38:30.19 ID:GGz52bhB
見苦しいわ

ほんの爪の先ほどでも本当に表現規制に関心があったのなら
>ポルノは弱者の権利を侵害するから規制せよ、って左翼が言ってるの?
>俺はむしろそれを見たことがない。実例をお願いします。
こんな甘ちゃんな事をほざけるかよ
左巻き規制派に絡まれたこともバトルしたことも、見たことすらないって?
ありえねえから
児童ポルノ禁止法を率先して作った社民党が一貫して反対だなんてよく言えたもんだ
種蒔いたのあいつらだからな

右は軟弱・俗悪なものの存在しない古き良き美しき日本を取り戻す右の理想のために
左は存在そのものがハラスメントであり性暴力であるポルノから弱者を守る左の理想のために
それぞれ規制を掲げている
だから監視が働かずに超党派でどんどん押し込まれる
それが表現規制問題

保守も革新も、理想を実現するための統制が大好きなんだっつうの
右が統制を好み左が自由を望むのはだな、左は少数派だからだ
自分の望まない形である今の権力に統制されるのは嫌だ、と言っているに過ぎない
革命後のソ連中国カンボジアを見りゃわかるだろ
あるいは、規制賛成で青少年条例を可決に持ち込んだ都議会「与党」民主党を見ろよ
強い権力による統制というもの自体は、みんな大好きなんだよ
権力ってのはそういうもん
あんたにゃその認識がなくて、右が悪で左が善ぐらいにしか考えてないようだな

 転載終わり

 つまり、彼いわく「右翼も左翼も敵だ!」と。
 まあ、嘘だとは言えないかもね。
 今の時点で共産党などは表現規制に反対している、力強い味方である。
 躍進ばんざい。
 が、ずっと味方であるとは限らない。
 左翼の人達だって言論を統制・弾圧することはたくさんある。
 他国の社会主義政権を見れば明らかだし、国内の党派だって怪しいものだ。
 ラディカル・フェミニズムは「全てのポルノはレイプだから悪」って言っちゃってるし。
 ラディカル・フェミニズムが左翼だとは私は思わないが、まあ左翼に分類されることもある。
 いわゆる極左のセクトに至っては、「思想的に対立したらブッ殺しに行きます」ってんだから、逮捕拷問よりも悪い。そんな人達が「表現規制反対、憲法違反云々」って言っても「えっお前らが言うの」という感じだ。
 でもさー、ここまで危機感をもって「表現規制は怖い、もう死体ゴロゴロの絶望的状況だ、表現を守らねば」っていう人間がさ。
 同じ口で、こう言ってるんだよ。
 
 引用再開

 176 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 00:49:03.13 ID:GGz52bhB
>>173-174
昭和の憲法解釈では、
「国家が暴走しないように国民が監視せよ、それを公共(=国民全体の利益)のために行う義務を持つ」
の意味とされてきた

しかし国民が国家を敵視してずっと監視するなんて条項は、誰が考えても明らかにおかしい
敗戦国の政府が二度と国民とともに立ち上がれないように仕込まれた種だわな
だから、参院選後に定められる自主憲法では、
「国家が国民をきちんと監視してさまざまな権利を与える、そのかわり国民は公(=政府)に従う義務を持つ」
という、ごく当たり前の内容に読み替えることに決まっている

185 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 01:26:20.25 ID:GGz52bhB
>>182
国の統制を右翼も左翼も望んでる事実に変わりはないって
自分の好きなような統制を強力な国家権力が行なってほしい、と熱く望んでる
それが叶えられない時に、次善の策として、自分の嫌な統制をされないように監視するわけ

>あと日本は国民主権なんで、12条は国家の人権侵害を国民が監視、という形のみならず
>「国家に人権遵守を課している」という側面もあることも忘れてはいけない。

そのおかしな考え方が、日本人の素朴な感情、日本の国体にはそぐわなかったんだよな
日本は市民革命の歴史ないんだから文面だけ米仏の猿真似しても押し付けにしかならん

努力して責任と義務を果たした国民には国家が権利を与えて保証してあげますよ、
ただし公の秩序による制約は受けますよ、わがままは許しませんよ、というのが自主憲法の12条
ま、これはみんな思ってる自然な解釈だろ?
それを明文化して、日本人の考え方に合うものに修正するわけだ

 194 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 08:25:23.65 ID:GGz52bhB
なぜ左に冷笑的か、という質問に答えてなかったな

左は反権力を履き違えてるんだよ
圧政だ!不当ナントカだ!権力の横暴を許すな!と言ったその口で
弱者の権利のためにあれを規制しろこれを撲滅しろそれを強制しろって圧政敷くからな
自分の好き嫌いで恣意的に強権を非難したり行使したりして、完全なダブスタ
権力そのものは大好きなんだよあいつらは

反権力でも、反「権力そのもの」と、反「自分の好きじゃない権力」は、全然違ってさ
市民革命の歴史のある米仏では「権力そのもの」を疑う市民社会があるだろ
自分の望まない政治にはもちろん、自分の望む形を強引に実現する政治にもNOと言う
市民革命起こして成立した新政府が調子こいたらまた血祭りにあげる文化なわけ
これはいいだろうし、日本国憲法もこれを想定してる
でも日本人はお上が印籠出してばっさばっさと自分の敵を斬首してくれるのが大好きなわけ
「権力そのもの」自体はみんな大好きで、反権力気取る奴も、反「自分の好きじゃない権力」でしかない
それが日本人の権力観
文化的素地のない所では憲法だって押し付けの変なものでしかない

反「自分の好きじゃない権力」で反権力気取る、それも無意識に混同してる左なんか信用できるかよw
信用に値する左は頭でっかちでまず理屈から入る共産党ぐらいのもんだ
他の感情論的で自分の感覚絶対視でぶれては裏切る左より、右の方がまだ一貫性を信用できる

 引用終わり

 ねえ、おかしいと思わないか?

「国家が国民を敵視して国民を監視するなんて、誰がどう考えてもおかしい」
「ま、これはみんな思ってる自然な解釈だろ?」
「でも日本人はお上が印籠出してばっさばっさと自分の敵を斬首してくれるのが大好きなわけ」

 なんで決めつけてるの?
 「誰がどう考えてもおかしい」って、私ちっともおかしくないと考えるんですが。
 「みんな思ってる自然な解釈」って、私は「みんな」に含まれないみたいですね。
 「日本人は」って、おまえ日本人全員にアンケート取ったのかよ?

 まあ仮にアンケートとって、90パーセントが同意してくれたとしよう。
 99パーセントでもいい。
 でもそれは「みんな」「日本人」「誰がどう考えても」ではない!
 99パーセントを「みんな」って表現するな。
 表現規制反対派が、オタク文化を守ろうという者が、言うな。
 その傲慢で粗雑な態度は、ブーメランになって戻ってきて自分の首を斬り飛ばす!
 なぜなら、オタクは1パーセントだからだ。
 アニメやら漫画やらの美少女でハアハアして、るなちゃんペロペロ、ほむほむシコシコ、ロリコンアニメが法規制されたら生きていけない、みたいな人間(俺ですキリッ)が、99パーセントに含まれるはずがない、いつだって圧倒的マイノリティだ!
 あなたが、99パーセントの賛同をもって「みんな」といってしまうならば、規制賛成派はこう言って、あなたの訴えを一笑に付す。

「みんな萌えアニメなんて興味ないですよ」
「みんなロリコンポルノなんて気持ち悪いと思ってますよ」
「なくなったらみんな喜びますよ」
 
 彼に限った話ではない。
 原発だの外交だの憲法だのについて、「日本人の大半は、まともな日本人はみんなこういう意見なんだよ、反対するのは声がでかいだけの一部の変なやつだけなんだよ」って嘲笑する者がいる。
 そういう奴に限ってオタクだったりする!
 他人の意見を批判するのはいい。
 でも「少数派であること自体」を笑い、少数派であるから無価値であり考慮に値しない、という態度はとっちゃダメだ。
 マイノリティをマイノリティであるということだけで否定し笑うオタクは、必ずその態度に復讐される。
 オタクはマイノリティだからだ!
 在日外国人がそうであるように、、身体障がい者がそうであるように、同性愛者がそうであるように……
 その自覚をもって行動しなければ潰される。
 
 そんなわけで、左翼だって表現規制するかもしれないが、でも、あいつらは「マイノリティを、マイノリティであるという理由で馬鹿にする」ことはない。
 むしろ1パーセントの権利保護のために99パーセントは譲歩しろ、みたいな感じで、マイノリティであるからこそ旗を高く掲げ、戦ってきた。
 どちらかといえば、信頼できるのは左翼の側であると信ずる。
 参院選が終わりました。
 ふーっ、自民党が圧勝することは誰もが予想していて、予想通りの結果になっただけですが、それでも現実に見るとガックリしますね。景気や社会保障も気になりますが、児ポ法改悪などの表現規制問題が絶望的展開になったので。

 あとガッカリしたのは……
 山本太郎が当選しちゃったこと。
 当選してほしくなかった。
 「一人くらい反原発政治家がいてもよくない? こないだの衆院選ではほとんど落選しちゃったし……」みたいな意見もありますが、いや、よくない。
 「反原発」以外に売りがない山本太郎が裸一貫から国会議員になったことで、「この人が反原発運動の中心」みたいになっちゃうのかもしれないけど……
 すごく嫌だ。
 なにが嫌かというとですね。
 反原発運動は、多くの点で間違いを犯していたと思うんです。
 山本太郎という人は、「反原発運動の間違った部分」のカタマリです。

 私自身、浜岡原発の反対デモ(即時停止を求めるデモ)とか参加してた人間で、反原発活動家の端くれだったので……
「自分は罪を犯した」と思っています。
 何が罪か? 「原発事故の被害は巨大なものだ」と喧伝することが、結果として罪だった。
 福島の事故から2年、ずっと考えて、「自分の運動は間違っていた」と言えるようになった。
 言わなければいけない。ので言う。

 いま手元に

 「日本を滅ぼす原発大災害」(著 坂昇ニ 前田栄作 監修 小出裕章)

 という本があります。2007年発行です。
 帯には「原発震災で東京・大阪・名古屋が壊滅する!」「日本の原発は世界一危ない!」とショッキングなことが書かれています。
 内容も帯同様。浜岡・福島・刈羽原発などがいかに危険であるか力説している。
 いわく、細かい事故が頻繁に起こっている。
 いわく、事故は多くが隠蔽・矮小化されている。
 いわく、現地の人間はカネで飼いならされ、原発に依存せざるを得なくなっている。
 いわく、多くの原発労働者が被曝し病に苦しんでいる。
 いわく……「事故が起こったら100万人、200万人が死ぬ」。
 そう、この本には「何百万人の死者が出る」と確かに書いてあるのだ。

 「福島原発事故で首都圏に200万人以上のガン死者が」(43ページ)
 「830万人もの死者を出す原発ドミノ事故」(97ページ)
 「急性死20万人、首都圏で250万人が被曝」(121ページ)
 「玄海原発事故で424万人がガン死」(162ページ)

 私はこの本を信じた。
 この本以外にも、同様の説が書かれた本は何冊もありました。

 「もうすぐ浜岡原発が爆発して何百万人も死ぬんだ」。

 ハルマゲドンのような感じで信じていた。
 この本が出版されてから4年後、現実に福島原発事故は起こりました。
 が……どう見ても、どう考えても、「首都圏で200万人以上のガン死者」は出ていません。
 200万人どころか、原発事故の放射能が原因だと医学的に言い切れる死者は、「幸いなことに」、いないようです。
 あの人もこの人も、もしかしたら放射能が原因で死んだかもしれない、違うと言い切れるのか、などという論法には私は与しません。

 この本に書かれていた「原発事故の被害」は、とんでもなく過大な見積もりだったと言わざるを得ません。
 
 これからも反原発運動を続けるのは自由です、意義のある活動だと思います。
 もっと大きな事故が明日にも起こるかもしれませんし、事故以外にも原発の問題点はありますから。放射性廃棄物の安全な処理法がないとか、原発労働者の被曝問題とか……
 でも……「我々は、原発事故の被害の大きさについては、間違った予想をしていた」「原発は、少なくとも我々が主張していたほど危険なものではなかった」と認めて、その新しい認識の上で運動を再構築しなければいけないと思うのです。
 私はこの本の内容をまったく疑わなかったことを恥ずかしく思っています。
 愚かなことだった。
 認めるのに2年かかり、そのあいだずっと、「やっぱり被曝の死者はどこかで出ているのでは? ゼロってことはないでしょう? やっぱり危険には違いないんだよね?」とフラフラしていたが……
 そりゃ死者の中には、もしかしたら放射線が影響を与えた者もいたかもしれないが、仮に出ていたとしても、死者200万人と200人、20人ではまるで話が違ってくる。しかも20人すら「出ている」と立証できない。「かも」「かも」という可能性の話だ。
 「200万人のガン死者」と「低線量でも健康被害はあるかも」は違う。違いすぎる。
 根底から別次元の話だ。
 やはり、この本は……この本に代表される「甚大な被害を前提とする反原発論」は間違いなのだ。
 間違いだと2年間認められなかったことを恥ずかしく思います。
 申し訳ありませんでした。

 でも、インターネット(ツイッターなど)で反原発論者の発言を見ていると、恥ずかしさを感じない人も大勢いるらしい。
 そういう人達は自分の間違いを認めるどころか、あくまで正しいと言って陰謀論を唱える。

 「原発事故の死者はたくさんいるはずだ」「福島はもっと汚染されているはずだ」「福島は人なんか住めない」「きっと奇形児がどんどん出てくるぞ」「ほんとうはすでに出てるんだ」「隠蔽されているんだ」

 そして風評被害を果てしなく拡大させている、いいや、風評被害という言葉は軽い言葉だ。
 「放射能差別」「福島差別」「東北差別」を拡大させている。
 だって「科学的根拠は示せないけど、危険に決まってる、怖い、気持ち悪い、近くに来てほしくない、触るのも嫌だ」って、そんなの差別意識以外の何物でもないじゃないか。
 反原発運動は、少なくとも今回の事故に関する限り、誰も救わず、差別をもたらした。
 原発事故以上の悪ではないか、と言う気持ちすら沸き上がってくる。
 
 山本太郎は、そういう人達の筆頭だ。

 原発以外では、素晴らしいこともたくさん言ってるんだけどね、彼。
東京都議会選挙が行われたので、投票してきました。
 今回すっごい悩んだんですが、けっきょく民主党の候補者に入れましたよ。
 都議会民主党には恩があるので。都条例の時に抵抗してくれた恩が。

 そういえば、こないだ自民・公明が出してきた児ポ法改悪案、あれ一時的には退けられましたよね。
 で、この件について「よく撤回してくれた、あっぱれ自民党! あっぱれ安倍!」「もし民主だったら通っていた」って言ってる人がいる。
 おいおい勘弁してくれ。貴方の目にはどんな異次元が見えているのだ。
 他のことはともかく、児ポ法や有害図書規制に関しては、もう何年も前から「自民=規制派」「民主=規制反対、あるいは慎重派」ですよ。まったくブレがない。
 安倍も麻生も規制派だし、自民党は自分の提出した改悪案を自分で引っ込めただけ。偉くもなんともない。
 万引き犯が、「ホラ返すよ! 返せばいいんだろう!」って、盗んだものを返したら、なぜか「よくやった!」って正義の味方みたいに言われたでござるの巻。
 「それって万引きなんですよ」って粘り強く指摘し、「返せばいいんだろ!」って言わせたのは、赤松健、樹林伸などのみなさんです。どう考えても称賛すべきはこちら。
 
 自民がゴリゴリの規制派政党だと分かった上で、「表現規制よりも経済や国防のほうが大事」といって自民党を支持するなら、ナルホドとは思います。私は同意しないけど、でもバカにするつもりもない。
 しかし、いまだネットでは「民主が規制派」などと抜かす人がいる。
 どこを支持するにしても、事実に基づいて欲しいですね。
 「児童ポルノの単純所持」を禁ずる法案が自民・公明・維新から出ています。

 詳しくはこちらを。

 2009年に続いて、また出てきたのです。
 この法案が可決されればマンガ界に多くの悪影響があると考え、多くのマンガ家、作家たちが反対の意思表示をしています。
 とくにマンガ家・実業家の赤松健さん、漫画原作者の樹林伸さんなどの精力的な反対運動が素晴らしい、心強い。でもいまの自民党は2009年と違って勢いづいている、阻止できるかどうか分からない。もっと多くの、反対の声が必要だ。

 今回の規制は、「18歳未満のように見える性的な写真・絵は」「所持してはならない」ので、最大級の危険性がある規制だと言えます。「子供には見せないようにする」とか「過激表現を控える」とか、そんなことやっても無駄なのです、この法案が通ってしまえば。かつてネットを騒がせた「都条例の流通規制」を遥かに上回る恐ろしさです。

 だから私はもちろん反対です。
 この法案の問題点は山ほどあります。

 1、「児童を性犯罪から守るため」という目的だが、そもそも性的な漫画・写真等が性犯罪を生み出しているということがまったく立証されていない。逆に「マンガ・アニメは性犯罪を生み出していない」という根拠ならある。全く的外れ。

 2、「18歳未満に見えるキャラクターの性的なマンガ・写真」は、誰の家にもあるはずです。
 だって「18歳未満に見えるかどうか」は警察の判断なんですよ。
 マンガの絵柄が幼いだけでアウトなんですよ。身内の写真でもアウトなんですよ。
 誰でも逮捕、誰でも前科者という法律です。

 3、マンガやアニメというのは「綺麗な文化芸術」「俗悪なロリコンポルノ」を切り分けられるものではなく、かつてはロリコン・エロを描いていても、一般に進出して優れた作品を描いた人間が大勢いる。直接の作家進出でなくても、「エロはエロ以外のマンガ・アニメに多大な影響を与える」。
 根っこを切り落とした植物のように、ロリコン的なものを全否定すればマンガ・アニメは滅びる。
 
 4、仮にエロ漫画・エロ本を絶滅させたとして、無菌状態が子供にとって良いことなのか?

 私が一番、切実に感じているのは3ですね。
 マンガもアニメも、エロやロリコン抜きでここまで発展することは無かったと思うんです。
 「現在のアニメ」だけでなく「過去のアニメ」にも、ロリコンやエロの要素は満ち溢れていた。
 今のマンガやアニメがとくに低俗、などという事実はないのですよ。
 1980年代にはロリコンブームがあったし、1990年代だってリヴァイアスでは女の子が集団レイプされていたんですよ。エヴァンゲリオンだってセーラームーンだって「少女を性的に見る」ことと無縁ではありません。
 それらの要素がアニメの全てだったわけではないけど、でも、ある時は撒き餌のように、ある時は栄養源として機能し、「物語」や「キャラ」を支えてきたんですよ。
 18歳未満のエロを全否定して、どんなアニメやマンガ文化が作り得るというのか。
 過去数十年の積み重ねがここで断ち切られてしまうのですよ。

 と、ここまでは「一般向け」。
 多くの人に向かって話す言葉。
 ここからは、共感されないかもしれないけど、言いたい言葉。

 規制反対関連で、もっとも私の心を捉えた言葉は「エロを規制することによってエロくないマンガも滅びる、だから規制するな」ではありませんでした。
 「エロこそが人を救っている、だから規制するな」でした。
 根拠を出して言えないのですが、でも私は「ほんとうにそうかもしれない」と思っています。
 
 「交通事故鑑定人環倫一郎」などで有名な、マンガ家・樹崎聖さんが、こんな文を書いています。
 
 今回の児童ポルノ法に対する声明ではなく、2010年の都条例改悪の時の声明ですが、いまこそ、ぜひ一読してください。 

 素晴らしい告白で、すばらしい演説だと思います。
 読んでいて、何度、胸が引き裂かれるような痛々しい気持ちになったかわかりません。
 この痛さは共感の痛さです。「体が勝手に、わかってしまう」。
 「よくぞ言ってくれた」と手を叩くが、叩けば叩くほど自分が痛い。
 
 特に胸うたれた文章を引用します。

 作家性とはそうした闇を含んだもんでしょう。

 つまり大切なのは、ネガティブな部分を描かねば表現できないものがあり、人がいるってことです。

 (中略)

 ロリータしか愛せないので女性とは付き合わない人の苦しみを考えたことがありますか?
 覗きでしか性的に興奮できないので我慢している人の苦しみは?
 偏見にさらされるゲイの人の苦しみは?
 暴力でしか愛せないのに我慢している人の苦しみは?
 そんな人はおぞましいから排除ですか?
 変態は気持ち悪いから社会に必要ないですか?
 頭がおかしいと切り捨てますか?

 (中略)

 芸術は、お金持ちが投資するためだけのためにある小奇麗なモノじゃないんです。
 マイノリティが救われるためにこそあるのだと思いませんか?
 現実にあるデータも 、性表現は規制されるほど多くの犯罪を生み出す事を示しています。
 当然でしょう。
 コンプレックスが生み出す文化は、コンプレックスに苦しむ人を救っているのですから!!

 (中略)

 弱き者のわずかな希望を、平和にどっぷり浸った人が奪う・・・そんなお綺麗な人間にだけはなりたくないもんです。


 引用終わり

 共感できるんです、わたし、この文章に。身悶えするほどに。とくに最後のヤツに。
 これがわかるひととわからないひとのあいだには大きな断絶がある、だから表現規制との戦いは永遠に終わらない。
 だが決して諦めてはいけない理由も、書かれている。


カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/13 Larryspobe]
[08/10 Michaelwes]
[08/08 ますだじゅん]
[08/05 Michaelbat]
[08/04 こうひんひろみ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析