ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1181] [1180] [1179] [1178] [1177] [1176] [1175] [1174] [1173] [1172] [1171]

 アニメ「SSSS GRIDMAN」が終わりました。
 最終回の感想書いてませんでしたね。

 うーん、まあ……
 面白かったけど、期待ほどではないというか……
 ダーリン・イン・ザ・フランキスみたいな、ちゃぶ台返しというか、「えっ、そっちに行っちゃうの。今までの話はなんだったの?」という当惑はない。
 きっちりまとまってる。
 アクションも最後まで格好良かった。
 いや、最後こそ格好良かった。
 限りある生命こそが尊い、というのも、定番の主張ではあるが、まあ良かった。
 「アカネが街を作っていた、あの世界」は要するに何なのか、グリッドマンとアレクシスは何なのか、いろいろSF的に空想を膨らませたくなる。
 「たとえ作り物の世界の作り物の人間でも、そこに住んでいる人たちにとっては架空の世界じゃない、本物の現実で、本物の人間だ、ないがしろにされてたまるか。」
 というテーマは、山本弘の「神は沈黙せず」みたいで大変良かった。
 現在、コンピュータゲームの中は虚構世界であって、そこで人を殺そうがなんだろうが自由、というのが常識だろう。
 でも人工知能が発達して、ゲームのキャラクターが人間並みにものを考え、自由意志を持つようになったら、それはもう虚構の世界ではなく、現実世界と同格と考えるべきかもしれない。
 そんな未来を予想させてくれる。

 でもねー。
 百合的にね~。ちょっとね~。
 私、百合モノ好きなんですよ。
 女の子同士が、疑似恋愛的に仲良くする話。
 同性愛とはちょっと違うんだけど愛しあう話。
 「まどか☆マギカ」も「プリンセス・プリンシパル」も「終末のイゼッタ」も好きなんですよ。
 SSSS GRIDMANも最終的には、アカネを六花が愛の力で救う、百合モノになっちゃってねー。
 濃密でアッチッチな百合でね~。
 でも、君ら、いつのまにそんな感じになっちゃったの?
 六花はアカネを友だちとして好き、だから助けたい。
 それは創造主アカネによってプログラムされた感情である。
 たとえプログラムされた感情であっても構わない、と六花は、自らの意志でその感情をふたたび選びとった。
 そこまでは良い。
 でも、アカネが六花のこと好きになる過程が、描写されて無くて……
 4話の時点では、アカネは六花のこと、「早く逃げないと死んじゃうよ―(笑)」みたいな感じにしか思ってなかったのに。
 その後何があって、あそこまで相思相愛になったのだろう。
 ほんと、「終盤(9話)になって急に」なんだよね。
 なんでそういう心の動きになるのか分からない……

 あと、もう一つ。
 アカネを「救うべき存在」として描いた事自体が、私の観たかったものと違う。
 私は、ケラケラ笑いながら怪獣で殺戮するアカネのことを、悪役として好きだったんですよ。
 ジョジョのディオや、ヘルシングの少佐が好き、というのと同じ意味で好きだったんですよ。
 悪だから魅力的だったのに……

 原作「電光超人グリッドマン」と同じで、最後は改心エンドになることは決まっていた。グリッドマンとはそういう作品だ。……というなら、仕方ないか。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/11 ますだじゅん]
[09/11 ますだじゅん]
[09/10 ますだじゅん]
[09/09 村井]
[08/30 Rosaliehougs]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析