ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
ご要望にお応えして、昔の小説「泣き虫兵器ベルタ」をカクヨムで公開しました。

 ベルタのバージョンは3種類あるんですが、これは一番あとの、新人賞に送って落ちた奴ですね。
 読み返してみると、「あのころの自分は愛と夢を信じ、まっすぐに生きていたんだなあ……」と思えます。技術じゃなくてメンタル的に今の自分じゃ書けない。
 っていうか、どんなに下手でも、長編を完成させることができる人はえらいです。
 いまの私にはできないことですから。
 10年前の自分と対話しながら読むのは、楽しくも悲しい体験でした。

 ああそうだ。
 この作品では浜岡原子力発電所が出てきて、「これがメルトダウンすれば首都圏は全滅する」みたいなことが書かれています。
 現実の福島事故から数年が経過し、「それほどの大被害は出ない」ということが実証されたわけですが、この小説の中の原発は現実の原発より危険なのだ、ということでお願いします。けっして反原発運動をやりたくて書いた小説ではありませんが、今読むと原発の部分がちょっとなんというか、このまま発表するのはまずい感じになってしまった……

 私がむかし書いた小説「天才! 松戸才子まーち」を、カクヨムに載せました。

 「オタク」と「マッドサイエンティスト」を題材にしたコメディです。
 これは2003年の電撃大賞に送って、3次選考で落ちた作品です。
 つまり2次選考(倍率50倍)を通っているのです。
 客観的な評価としては、私が書いた中で一番面白い小説なのだと思います。
 いま読むと「メチャクチャすぎる」とか「オタクネタが古い」とか思います。
 特に声優を変えたい。
 「癒し系の皆口ボイス」って書いてありますけど、今だったら「茅野ボイス」って書きます。
 「コザエツみたいなキンキンした声」ってのは、今だったら久野美咲しかない。
 
 他にも色々……

 しかし、今は1次選考も通らないので。
 腕が落ちているので、直さないほうがいいでしょう。


 「カクヨム」に「ブラッドファイト 『蒼血殲滅機関』戦闘録」をアップしました。

 新作ではありません。
 2008年~2010年ごろ、LOOP王国で連載していたので、知っている方もいるかも。
 気合入れて書いた小説だったのですが、新人賞では一次選考も通らず。
 要するに、それがショックで、小説書けなくなったんでしょうね。

 いま自分の目、他人の目で見直すことで、当時はわからなかったことが、わかるかなあ、と。

 乗り越えろ。

 小説「世界さいごの涙」をカクヨムで公開しました。 

 核戦争後の世界で、たったひとり生き残った女の子がロボットと恋愛する話です。
 これは新作ではなくて22年前に書いたものなんですよ。
 あのころはこんなの、こっ恥ずかしいのを書けたんだなあ。

 当時、ある人に「3回も泣きました」って言ってもらえました。
 俺の小説には人を感動させるチカラがあるんだ、決して無価値じゃないんだ。
 などと、大いに励まされたことを覚えています。


 私が昔書いた小説「追撃1000兆年」。

 カクヨムにアップしたけど、なかなか星がつかなくて「ダメかあ」と思っていたが、最近になって多少評価され、「SF週間ランキング」20位に。
 ありがとうございます。
 しかし……
 たった3、4人が星をつけてくれただけで20位か。
 カクヨムには10万人の人間がいて、作品も数千作品あるはずなのに……
 狭い世界というか、SFはまだまだ読者少ないのかなあ。


カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/13 Larryspobe]
[08/10 Michaelwes]
[08/08 ますだじゅん]
[08/05 Michaelbat]
[08/04 こうひんひろみ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析