忍者ブログ
ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
 まえまえから言っていた「ホラー長編」なるものを書きました。

 「正義の少女が殺しに来るぞ」
 http://www2.tokai.or.jp/LOOP/seigi0610.txt
 こちらです。

 今回は推敲の時間などまったくとれず、エンドマークをつけたのが10分前。
 70日では時間が足りなかったのか、それとも新しいものにチャレンジしたから遅いのか。
 
 今回はこういうお話です。

 あらすじ。

少女・弥生は兄を慕っていた。ある日、兄がイジメを苦に自殺してしまう。復讐を願う弥生の怨念が、ロシアの殺人鬼アレクセイの霊を呼び寄せた。アレクセイの力を借り、ロシア特殊部隊の殺人技術を手に入れた弥生。イジメの実行犯、放置していたクラスメートを次々に殺していく。
 クラスメートたちのうち三人が、「黙って殺されてたまるか、反撃だ」と動き出す。もとイジメられっこの武道少年、啓と、幼なじみの武道少女、翔子。高いパソコン技術をもつ皮肉屋ブロガーの礼一だ。
 三人は「翔子の道場にクラスメート全員を集め、防衛しやすくする」「犯人をおびきよせる」作戦を立てた。
 道場に集められたクラスメートたちは宴会状態で、啓はクラスメートたちにからかわれながらも楽しく過ごす。
 しかし弥生は啓たちの防御策をものともせず、大型トラックに乗って突撃してきた。トラックにひき殺されるクラスメートたち。啓は難を逃れたが礼一は殺されてしまう。翔子は武術を用いて敢然と弥生に立ち向かうが力及ばず、目玉を潰され、脳にも酷い損傷を負わされてしまう。生き残った啓は、自分の無力を思い知って慟哭する。
 その後、啓は入院中の翔子のところにお見舞いに行く。障害を負っても明るい翔子を見て啓は安心するが、ふとしたことから「翔子の明るさは演技。ほんとうは死にたいほど辛い」と知ってしまう。
 改めて、あの修羅場で行動できなかった自分のふがいなさを悔やむ。犯人を自分の力で捕まえて翔子の仇を討とうと決意する。
 そのころ、弥生はアパートの一室に潜伏し、これからどうしようか思案していた。翔子を倒したものの、反撃で片腕を潰されてしまったのだ。復讐を続けるのは難しい。『もう復讐はやめようか? いや、まだダメ。まだ、わたしの中の兄は悲しんでる』弥生は復讐方法を変えることにした。霊を用いた精神操作能力で人々を操り、犯罪者を大量に生み出して世界そのものを破滅させるのだ。
 作戦はうまくいき、たちまち東京は無数の殺人犯やテロリストの跋扈する都市となった。
 すっかり危険になった町を、啓は歩き回っていた。犯人を呼び出すためのビラを繁華街に貼っているのだ。
 「兄さんが死んだ本当の理由をぼくは知っている。君に教えたい」という内容だ。
 弥生は連絡を取ってきた。「×時×分に来い」と指定してきた。ここから全力で行かないと間に合わない時間だ。電車がテロで止まるなどのアクシデントを乗りこえてなんとか指定の時間通りたどり着いた。
 呼び出された場所は、啓たちの教室だった。
 「ほんとうの理由は何?」と問われた啓は、兄を馬鹿にする発言をした。怒り狂った弥生は攻撃をしかけてくる。技術と体力の限りを尽くして弥生に対抗する啓。しかし、精神攻撃には勝てなかった。弥生の霊力が啓の心奥底にまで浸透していく。
 啓のいままでの人生が再生される。
 啓はイジメられていたが、翔子の助けもあってその状況から脱することができた。
 弥生の兄のことも助けようとしたが、しかし弥生の兄は「暴力は嫌だ」と拒否した。
 あくまで言葉の力だけで解決しようとして、ついに力尽きて死んだのだ。
 啓は弥生に向かって言う。「きみの兄さんが死んだのは誰のせいでもない。兄さん自身が選んだ道だ」
 自分のやってきた復讐が無意味だと知り、愕然とする弥生。敗北を認め、償おうとする。
 それから一週間。戦いの疲れで寝込んでいた啓のもとに翔子がやってきた。もう歩けないはずの翔子は奇跡的な回復を遂げ、すっかり前向きに戻っていた。
 啓と翔子は抱き合って、互いに感謝を伝え合う。

 ホラーとは違うジャンルになってしまいましたが、意識してスプラッターシーンをガンガンいれてみました。迫力があったかどうか、ぜひご意見をお聞かせください。
 日曜日に、html化した修正版をアップします。
 
PR

コメント
この内容なら
『私怨少女がやってくる』でもいいんじゃ?
【2006/10/20 23:03】 NAME[通りすがり] WEBLINK[] EDIT[]
無題
>通りすがりさん
 内容そのままですね。
 もう少し皮肉が欲しい。
 でも言われて見れば、弥生は「自分の行動は正義!」というタイプのキャラとはちょっと違いますよね。「世の中間違ってる!」からスタートしたわけじゃない。
 
 もっと一言で、覚えやすくて言いやすいタイトルが必ずあるはずなのです。
 タイトル変えます。
【2006/10/20 23:36】 NAME[ますだ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 24 25
26 28 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析