ますだ/ペンネームCの日記です。06年9月開設 ウェブサイト「カクヨム」で小説書いてます。 こちらです https://kakuyomu.jp/users/pennamec001
[1195] [1194] [1193] [1192] [1191] [1190] [1189] [1188] [1187] [1186] [1185]

 4月はちょっと暇だが、3月は忙しかった。
 その忙しい中、私の心を癒してくれたのは、アニメ「わたてん(私に天使が舞い降りた!)」である。
 わたてんは、本当に良かった。
 心が洗われるようだった。
 花ちゃんをはじめ、女の子たちがとても可愛いし、動き、しゃべり、すべてが微笑ましい。
 純粋な萌えには、エロなんていらないんだ、パンツとかいらないんだ、ということがよくわかる。
 原作の漫画よりもデザインが幼いのは、エロ要素を完全に削り落とすため?
 っていうか、恋愛の対象にならないよう、小さい子供にしたのか?
 
 最初は、不謹慎なロリコンギャグという側面が強い。
 人見知りの大学生・みゃー姉が、小学生の女の子に惚れ込んで、ハアハアしながらお菓子をあげて、手なずける話ですよ(笑)
 ロリコンの挙動不審、妄想、変態ぶりを笑う感じの話です。
 女のロリコンだというだけで。
 男のロリコンだったらこれ絶対放映できないよなあ、女同士だとオーケーなんだ、うーん女は得だなあ。
 と思って、笑いながら見ていました。
 でも、だんだん見ているうちに、わかってくるんです。
 ギャグというだけじゃない。ハートウォーミングな、癒しと成長の物語でもあると。
 
 みゃー姉はロリコンっていうか、ちょっと違う。花ちゃんが好きなだけで、ほかの子供にたいしてはヨコシマな欲望を抱かず、「優しくて面倒見の良いお姉ちゃん」である。
 花ちゃんに関しても、暴走した後で、「何やってんだ私、恥ずかしい……」と自省する心を持っている。
 みゃー姉は、ダメな奴だけど悪い奴ではない、ということが、きっちり描かれている。
 気弱な人見知りで、「おそとこわい」が口癖で、小学生相手にしか対等にしゃべれないダメ人間。
 でも取り柄はあるし、自分を変えようともしている。
 そんな人間が、小学生たちと触れ合う中で存在を肯定されて、少しずつ成長していく。
 そういう話でもある。
 よかったなあ。感動した。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ますだじゅん/ペンネームC
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析